ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

音色も繊細!?大都会に突如現れた“ガラスのピアノ”が美しすぎる

DATE:
  • ガジェット通信を≫

氷の彫刻を思わせる、この美しい造形物は、アーティスト、Karlis Bogustovs氏の作品だ。

時にはガラスアーティスト、時には彫刻家、そして時にはスケートボーダーなど、さまざまなジャンルで活躍するBogustovs氏。

The Sound of Architecture」と名付けられたこの作品の正体は、ピアノ。

古い建物の窓ガラスを再利用し、一層ずつ重ねるようにして、1台のピアノを作り上げた。

週に5日作業しても、完成までには4ヶ月かかったという。

できあがった作品は、もちろん演奏も可能。

繊細な音色を奏でている。

ロンドンの金融街、Canary Wharfに設置され、数多くの人が演奏を楽しんだ。

この作品は、誰でも演奏できるピアノを世界の街角に設置するという「Play Me, I’m Yours」プロジェクトの一環として制作された。

「Play Me, I’m Yours」で設置されたピアノは約1400台、50を超える都市で実施されている。

いつか日本の街角にも、突然こんなピアノが現れるかも…?

 

動画も投稿されているので、その美しい姿と音色をしばし楽しんでみて。

Karlis Bogustovs
http://karlisbogustovs.com/
Play Me, I’m Yours
http://www.streetpianos.com/

アート(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP