ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「京・焼・今・展 2015」 / Modern Kyoto Ceramic 2015 +RIMPA

DATE:
  • ガジェット通信を≫


“いま”という時代を象徴するやきものを探求する実験的な場。京焼には、その時々の“いま”を精一杯追求することで、時代を代表するやきものをうみだしてきた歴史がある。 本展では、その伝統を受け継ぎ、出品作家が切瑳琢磨する事で、やきものの“いま”を切り開いていく。毎年異なるテーマにチャレンジする本展、今年のテーマは琳派。 琳派の系譜を学びつつも、京焼らしく個々の解釈と表現に可能性を見いだす。 “いま”という時代の解釈、表現がまた後の時代に再発見され、系譜の一頁へとつなげられることを願っての展示となる。なお、本展にて、ロゴ / ネーミング / グラフィック / ウェブ / 展示空間 / サインデザインを担当したのは川上シュン(artless Inc.)。そちらも注目だ。

“Modern Kyoto Ceramic 2015″ is an experimental space created for the pursuit of the pottery symbolizes the age we live in ‘now’. By pursuing “now” in each era, artisans of Kyoto pottery has created signature pottery works of the time throughout its history. This exhibition inherits that tradition, and in bringing contemporary Kyoto potters together allows us to collectively and in the spirit of friendly competition, explore the current state of pottery in Kyoto. Modern Kyoto Ceramic takes a different theme every year. The theme for this year is the Rimpa school. While respecting the Rimpa genealogy, we also want to discover the expression and individual interpretation which is authentic to Kyoto pottery. We hope that in future, these contemporary interpretations and expressions will be rediscovered, forming another page in the genealogy of Kyoto pottery.

期間:2015年11月1日(日)~ 11月3日(火)
時間:10:00am ~ 16:30pm
会場:両足院(京都府京都市東山区小松町591 建仁寺山内 両足院)
http://www.modernkyotoceramic.com

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP