体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

エディターにも大人気! 愛媛をめいっぱい楽しむ1泊2日レポート 松山編

ehimemain

大型連休が終わったものの、ちょっと国内旅行に行きたいという方に、ぜひ目を向けてもらいたい新たな旅先が愛媛。ここはある時は武将が戦勝祈願に訪れ、ある時は日本屈指の文豪が温泉を愛し、またある時は現代アートを代表する作家が革命的コラボレーションを起こす、まさにカルチャーの文脈の中でも見逃すことのできない土地なのだ。さらに、2日間あれば十分楽しめるという気軽さも魅力。愛媛旅行の食から絶景ポイントまで「いいとこどり」したプランを、編集部がレポします。

 

DSC_0014

旅の往路はLCC「ジェットスター」で。
国内旅行をめいっぱい楽しむための秘訣は、往復の交通費にお金をかけすぎないこと。愛媛へは成田空港第3ターミナル発のジェットスター機で旅立とう。第3ターミナル入ってすぐのチェックカウンターでささっとチケットを手に入れることができる。成田空港から松山空港まではなんと片道5990円から!いつだって安く、気軽に旅立てる秘密は、機内サービスや座席指定、荷物を預けることを有料化することによって、今まで含まれていたサービス料を必要に応じて選べるようにしたから。機内の座席は黒の革張りシートが心地よく、広々とした足元のスペースは手荷物も十分置くことができるので、ストレスフリーでくつろげる。

DSC_0021 DSC_0044

東京(成田)—愛媛(松山)間は1日3便運航しており、フライトは約1時間半。早いタイミングで予約すれば1万円ちょっとで往復できるのが魅力。ぜひチェックしてみてほしい。
http://www.jetstar.com/jp

1日目 松山編
鯛メシ専門 鯛や

DSC_0065

松山空港から最初に訪れたのは、平成21年に文化庁有形文化財に指定され、1階は鯛めし屋、2階は資料館となっているこちら。メニューは1日30食限定の鯛メシ御膳のみ。国内産の鯛は肉厚で驚くほどにプリプリとした食感。ご主人が母の味を再現したという鯛めしは、柔らかな鯛の風味と上品な味わい。そのほか皮つきの鯛の刺身や、ひじきの煮物、おぼろ月に見立てたお吸い物など、味はもちろん、見た目も美しい料理が並ぶ。傍らに置かれているのは、エジソンが発明したものと針部分しか変わらないという蓄音機。風情ある庭さきには縁結びのパワースポット「連理木(れんりぼく)」があり、実際にご利益があったと報告にくるお客さんもいるのだとか。
2階の資料館は天保5年からよろず問屋を営んできた「森家」と、それにまつわる文化の歴史が刻まれた空間が広がる。夏目漱石や山頭火など著名な俳人との交流が垣間見られる貴重な資料は一度見ておきたい。こちらのご主人は、定年まで東京で映画や映像に携わっていたという経歴の実にお話の面白い方なので、訪れた際にはいろんなお話を楽しんでほしい。

DSC_0070 DSC_0077 DSC_0104 DSC_0132

「鯛メシ専門 鯛や」
愛媛県松山市三津1−3−21
予約TEL 089-951-1061
http://taimesi.net/

1 2 3 4 5次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。