ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Androidを搭載したARディスプレイ付きヘッドホン「ORA-X」がIndieGoGoに登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

AR ディスプレイを備えた Android スマートヘッドホン「ORA-X」がクラウドファンディングサイト IndieGoGo に登場しました。ORA-X はオーバル型の Hi-Fi ヘッドホンと Google Glass のようなスマートグラスを一体化した Android 端末です。Google Glass のようなな透過型スクリーンには Android の UI が表示され、タッチパッドを使ってアプリやゲームを操作することができます。ヘッドホンのスペックは高そうなので、音質はかなり良いはず。次世代のスマートグラス / ヘッドセットを見ているような印象を受ける製品ですね。Google Glass との違いはゲームやマルチメディアコンテンツの利用に重点を置いた製品であることです。ORA-X の AR ディスプレイは左右のどちらのヘッドホンにも装着できます。UI は 180 度回転する仕組みです。ORA=X は立派な Android 端末です。デュアルコアプロセッサ、2GB RAM、8GB ROM、カメラ、各種センサー、2,000mAh バッテリー、USB 端子などを搭載しており、Google Play にも対応しています。ディスプレイは 15 フィート先に 70 インチ大で映るように設計されており、最高輝度は Sony SmartEyeglass の 3 倍となる 3000 nits とされているので屋外での視認性は良いでしょう。また、120Hz のリフレッシュレートにも対応しており、対応する映像やゲームはより滑かに視聴できます。ORA-X の価格は $349(限定数) / $399(通常)です。他にも豪華版などが用意されています。発送時期は 2016 年 5 月以降です。Source : IndieGoGo

■関連記事
Android 6.0 Marshmallowでは開発者向けオプションを有効にしなくてもアプリ履歴からアプリの詳細画面を開ける
GoogleのDevice Art GeneratorにNexus 5XとNexus 6Pが追加
一部のNexus 5Xでデイスプレイの黄ばみが報告される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP