ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

カマトトぶる日本人

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
フリーライター宮島理のプチ論壇

今回は宮島理さんのブログ『フリーライター宮島理のプチ論壇』からご寄稿いただきました。

カマトトぶる日本人
原発事故への反応を見ていて思うのが、日本人は“カマトトぶる”のが好きだということだ。事故直後にも、某漫画家が「原発なんていう危険なものを利用してまで、たくさん電気を使いたいなんて思ってなかったのに……原発は危険だって教えてくれていれば、『電気も原発も要りません』って言って、節電してたのに……」と描いているのを見て、正直あきれた。

もし、都市部でエアコンやパソコンなどを当たり前に使っている人間が、原発(に限らず火力発電、水力発電、送電網など)のリスクを知らなかったとすれば、それは単なる“バカ”である。私は、これだけ教育水準の高い日本で、“バカ”がいるとは思えないので、今になって「政府・東電にだまされた!」と言っている人は、カマトトぶっているだけなんだと思う。

リスクがあるのを承知でサービスを享受してきたから、原発周辺住民への補償(と電気料金への転嫁)が必要だった。事故後も、政府・東電の責任問題を問うのは当然として、多少は放射性物質が飛んでくる都市部住民も、光化学スモッグや(中国発の有害物質が含まれた)黄砂よりは短期間で済むと思うが、それなりに長いスパンで放射性物質と付き合っていくしかない。そういうリスクを今後も取って原発を利用し続けるのか(あるいは原発を止めて別のどのリスクを取るのか)、という観点で原発問題を論じるならわかるが、「政府・東電にだまされた!」という次元で語るカマトト言論には、いい加減うんざりする。
「政府・東電は“原発は安全”と言ってたじゃないか」と、カマトト言論は決まって言うが、もし本気で政府・東電の「原発は安全」を、「原発によるリスクはゼロ」と信じていたのだとしたら、それこそ単なる“バカ”である。「原発によるリスクはゼロ」なら、原発周辺住民に補償金を支払うわけがないし、原発事故を想定した避難訓練などを定期的に行うはずもない。ただ、繰り返しになるけれども、これだけ頭の良い人がそろっている日本に、そんな“バカ”がいるとは信じられない。やはり、カマトトぶっているだけだと考えるのが正解だと思う。

先の大戦においても、日本人は「軍部にだまされた!」と言っていた。「“戦争には勝てる”と言ってたじゃないか」と、敗戦後に言い出して、戦況について何も知らなかったかのような顔をする日本人が多かったが、そんなはずはないのである。「だまされた!」と言っておけば、無条件で“被害者”の側に立てるという敗戦国民の悲しい計算がそこにはあったはずだ。普通に軍部の責任を問うことと、「だまされた!」と叫ぶこととの間には、決定的な落差が存在する。

最近でも、民主党のマニフェストについて「だまされた!」と言う人たちがいた。しかし、民主党のマニフェストが実現不可能な絵空事だということは誰の目にも明らかだった。もし、マニフェストを信じて投票した人がいたとしたら、これまた単なる“バカ”だが、そんな“バカ”は日本に存在しない。だから、民主党に投票した人は、マニフェストそのものというよりも、民主党のバラマキ・既得権護持路線(改革つぶし路線)を自覚的に支持したのだと、私は2007年参院選以来、ずっと当ブログでも書いてきた。
賢い日本人が「だまされた!」とカマトトぶるのは、その方が世間的にウケがいいからだ。まず、「だまされた!」と言えば、“かわいそうな被害者”になれる。本当は「だまされた!」という当人にも、多少の加害者性(というか責任)があるはずなのに、「だまされた!」と一方的に宣言することで、その責任を打ち消すことができるというわけだ。先の大戦なら、日米開戦をあおった責任、今回の原発事故なら、都市部住民として原発を容認・推進してきた責任を、きれいにごまかすことができる。さらに、時の政権がポピュリストであれば、なぜか“補償”までしてもらえる。一種のモラル・ハザードまで含まれている。

「だまされた!」と言えばすべての選択・判断や責任がチャラとなり、“何も知らされず、どこかのエライ人や悪い人の選択・判断に巻き込まれただけの、か弱くてかわいそうな被害者”に変身できて、なぜか他者を一方的に糾弾する立場に立てるというのは、自立した個人をベースとする近代社会において、明らかな退行である。もっとも、国のトップまでもが「東電にだまされた!」などとカマトトぶって、事故対応の不手際をごまかしているのだから、一般国民がカマトト言論を展開するのは、自然な成り行きなのかもしれない。

執筆: この記事は宮島理さんのブログ『フリーライター宮島理のプチ論壇』からご寄稿いただきました。

寄稿の記事一覧をみる ▶

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。