ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

デジカメデータをすぐiPhoneに!ライトニングにさせるマイクロSDカードリーダーが便利

DATE:
  • ガジェット通信を≫

デジカメで撮った写真をすぐにiPhoneやiPadに取り込みたいとき、皆さんはどうしているだろうか。

最近ではWi-Fi対応のデジカメが数多く展開されているが、このほど登場した「iAccess」を使えばWi-Fiも不要になる。

・デジカメ写真をすぐにiPhoneに

「iAccess」は、iOSデバイスのライトニングポートに差し込めるマイクロSDカードリーダーだ。

使い方は大きく2つに分けられる。まず、デジカメで撮影したものをiPhoneなどに取り込むとき。

近頃のカメラはマイクロSD カードが多く利用されている。撮影した後、SD カードを抜き取り、iOSデバイスにセットしたiAccessに差し込めばデータを取り込むことができる。

写真をすぐにSNSなどでだれかと共有したいときに便利で、わざわざパソコンを立ち上げなくてもモバイル端末で編集・共有できるのはうれしい。

・スマホのデータ容量がいっぱいになったときにも便利

もう1つは、iOSデバイスのデータがいっぱいになったとき、一時的にそのデータをSD カードに“避難”させるという使い方。

特に、iPhoneなどでビデオ撮影をするとかなり容量を圧迫する。

そうしたデータをとりあえずSD カードに落としておくことで、端末容量を軽くできるというわけだ。写真・動画データの受け渡し手段としても重宝しそうだ。

ちなみに、ほとんどのビデオ、オーディオ、画像、書類ファイルに対応している。

デジカメとiOSデバイスを併せて使いこなしたいという人は持っていると何かと便利そうなこのiAccess、iOS 8以降で利用できる。価格は49.99ドルとなっていて、購入は開発元Leefのサイトから。

Leef

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP