ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、AndroidでもiOS 9.1で追加された新しい絵文字をサポートする予定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

‏先日、iPhone / iPad 向けにリリースされた iOS 9.1 では、Unicode 8.0 の新しい 184 種類の絵文字に対応しました。これらの絵文字は Android ではまだ対応していませんが、Google は対応できるようアップデートなどの開発に取り組んでいる模様です。Google で Android、Chromecast、Chrome の開発を統括している Hiroshi Lockheimer 氏が自身の Twitter にこの予定を掲載しました。実際に利用できるようになる時期は不明なのですが、そのうちアップデートで対応すると思います。新しい絵文字には、 バレーボール、タコス、中指、シャンパンボトルのほか、顔の表情についても、病気、思考のための新しい顔などが追加されています。現状、iOS 9.1 で追加された絵文字を Chrome ブラウザやチャットアプリなどで表示すると文字化けします。Android の対応が行われると実際に表示されるようになるでしょう。Source : TwitterEmojipedia

■関連記事
SpotifyがChromecastへの対応開始を発表
2015年Q3のAntutuスコアランキングが発表、トップはMeizu Pro 5
BlackBerryがAndroidを搭載したスライド型スマートフォン「BlackBerry Priv」を正式発表、北米で予約開始、11月6日より発送、価格は$699

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP