ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Nexus 5Xにプリインストールされている「Googleカメラ 3.0」の変更点や新機能

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Android 6.0 Marshmallow を搭載した「Nexus 5X」は、UI や機能を刷新した Google カメラ v3.0 を搭載しています。この記事では、スクリーンショットを使って v2.0 系との変更点や新機能を紹介します。カメラのプレビュー画面は、シャッターなどのボタンの形状が変わり、オプションの表示位置はプレビュー画面の上に移動。全体的に以前よりもンプルになりました。シャッター音も変わっています。ただ、端末の画面の向きを縦表示に固定している場合はカメラ UI も縦表示のままで回転しないのは変化なしです。頻繁に利用する写真モードと動画モードは画面を左右にスワイプするだけで切り替えられるようになりました。動画モードでは 120fps のスローモーション動画を撮影できます。Nexus 6P では 240fps もサポートHDR+ の自動モードが追加され、シーンに応じて自動的に HDR+ が適用されるようになりました。カメラモードのメニューは画面左上にハンバーガーボタンをタップすると表示される仕組みに変わりました。スワイプ操作では表示されません。端末の電源ボタンを 2 回押すとカメラが起動するようになりました(おそらく Nexus のみ対応)。プレビュー画面のグリッドは設定メニュー内に移動しました。Nexus 5X では 4K 撮影が可能です。

■関連記事
mmbi、NOTTVパックを契約不要で視聴できるキャンペーンを11月1日より毎月1回実施へ
Sony Mobile、台湾でXperia Z5 Premiumの発売を発表、11月上旬に発売
ローエンド端末でも快適に動作するAndroid向けセキュリティアプリ「360 Security Lite」がリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP