ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アナログ・レコードをダイレクトにDSD、ハイレゾPCMに! KORGの新DAC & AudioGate 4

DATE:
  • ガジェット通信を≫

KORGはこのたび、新DAC「DS-DAC-10R」と、アプリケーション「AudioGate 4」を発表した。

「DS-DAC-10R」は録音 / 再生ともにDSDなら5.6MHz、2.8MHz、PCMなら最大192kHz / 24bitのフォーマットに対応。

「AudioGate 4」は、これまで再生や変換が主な機能であった「AudioGate」にハイレゾ・レコーディング機能が追加された。

また「DS-DAC-10R」の大きな特徴としては、フォノ入力端子とグランド端子(ターンテーブルのアースを接続する端子)がついており、直接アンプやミキサーを通さずに、このDACとPCを使えばダイレクトにアナログ・レコードをハイレゾ・レコーディング(DSD、PCMともに)を行うことができる。

DS-DAC-10Rでは「AudioGate 4」に、イコライジング処理時の原音への影響を最小限に抑え、レコードのカッティング時に押し込まれたサウンドを余すところなく引き出すためにDSDフォノ・イコライザーを内蔵。一般的なRIAA規格以外にも5種類のカーブへの対応が可能。録音時に掛けながらレコーディングするだけでなく、そのまま入力 / 録音したレコード盤の原音に後掛けすることもできる。そのため、さまざまなカーブでの音源を楽しめる仕様となっている。

少々マニアックながらアナログ・レコードのデジタル・アーカイヴに対するKORGの本気度が垣間見える仕様といえるだろう。またDSDのネイティヴ再生や録音に関して、いち早くDSDのレコーディング機材、MRシリーズをリリースし、評価を受けているKORGのノウハウがしっかりと注ぎ込まれているといえるだろう。

「AudioGate 4」は単品の場合は18,500円だが、KORGのDSD対応、1bit製品との併用で無料に。またAudioGate 3のライセンスを持つユーザーは無料でアップデートできる模様。「DS-DAC-10R」はオープンプライスだが、店頭予想価格6万円前後と言われている。発売11月下旬の予定。

機材、アプリケーションの詳細は下記メーカーホームページを参照のこと。

またこちらの製品は明日から2日間、中野サンプラザにて開催される「秋のヘッドフォン祭り 2015」のKORGブースにて展示される予定の模様。
(河村)

・DS-DAC-10R
http://www.korg.com/jp/products/audio/ds_dac_10r

・AudioGate 4
http://www.korg.com/jp/products/audio/audiogate4

・「秋のヘッドフォン祭り 2015」公式ページ
http://www.fujiya-avic.jp/user_data/headphone_fes.php

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP