ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

アルカとディーン・ブラントがコラボ曲を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

現在のアンダーグラウンドなエレクトロニック・ミュージック・シーンを代表する2人の才能によるコラボレーションが、本人たちのSNSにて、このたび発表された。

相方のインガ・コープラント(来日間近!)とともにハイプ・ウィリアムス(同名の映像作家とはまったく関係なく)として活動し物議を醸し出したディーン・ブラントが、つい先ごろセカンド・アルバム・リリースを発表したばかりのアルカとのコラボ曲を発表した。

謎めいたフリー・ダウンロード作品、そして2012年にはハイプ・ウィリアムスとしてインガとの〈Hyperdub〉からリリース、さらには名門〈Rogh Trade〉からソロ作『Black Metal』を2014年にリリースと、さまざまな話題性とその作品で高い評価をうけるディーン・プラント。彼とアルカとのコラボレーション楽曲「Meditation」がサウンドクラウドにて発表された。

おそらくディーン・プラントの新たな別名義と思われる”Babyfather(すでにこのタイトルの作品はリリース済み)”にて発表された楽曲。どちらかといえば作品的にはディーンの色といった感じもあって、スローダウンしたUKガラージ的な脱力ループ・リズムの上を、ブルージーなディーンの歌とメランコリックなシンセ・ループが流れていく、そんな楽曲となっている。ふたりの過激な音楽家としての一面よりも、どこかバランスのとれた感覚がでていて、これがまた当プロジェクトのディーンのほかの作品も気になるところ……というかまとまった作品になるのか知らないけど。

アルカのニュー・アルバムとともにその動向が気になるところ!
(河村)

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP