ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Sony Mobile、Xperia M4 Aquaの空き容量確保のためにプリインストールアプリを大幅に削除

DATE:
  • ガジェット通信を≫

数ヶ月前、Xperia M4 Aqua 8GB モデルの実効ストレージ容量があまりにも少ないとして話題となりましたが、Sony Mobile は最近のアップデートでプリインストールアプリを削減してユーザーが利用できる容量を増やしました。ホワイトペーパーの初版で実効容量は “最大 3GB” と記載されていたものの、ある国で発売された端末ではわずか 1.26GB だったのです。8GB ストレージの端末は少なくとも 3GB ~ 4GB はあるので、平均よりもはるかに少ない空き容量だと言えます。Sony Mobile は 10 月 13 日に配信した「26.1.B.2.147」で、Google Play ブックス、クラウドプリント、FaceLock、Google TTS、Google Keep、Google Play ニューススタンド、ニュースと天気、Google Play ゲーム、Talkback など、Google Play ストアで配信されているアプリをプリインストール対象から除外し、容量を増やしました。Source : Sony Mobile

■関連記事
Fuhu、世界最薄の子供向けタブレット「Nabi Elev-8」を発表
HTC One A9のシステムダンプ(1.10.401.7)がダウンロード可能に
Googleマップナビが今後のアップデートで複数の目的地を巡回するナビを実行可能に

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP