ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

居酒屋をそのまま深夜専門カレー屋にしたら人気店になった店 / 錦糸町の『クシ』

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日替わりカレーセット
1000円

日本には無数にインドカレー屋があるが、コスト削減と時間短縮、そして「日本人にあわせた味の変更」がされているケースが多く、本場の味をそのまま体験することが難しくなっている。

・本場の味にこそ真の美味しさ
しかし、東京錦糸町のカレー屋『クシ』は、インド人やバングラデシュ人など、南アジアのカレー文化が浸透した地域の人が食べても満足できる味で、むしろ日本人向けではない。だがそれがいい。本場の味にこそ、真の美味しさがあるのだ。

・錦糸町は非常に珍しい地域
『クシ』は19:00~20:00ごろにオープンし、早朝の4:00まで営業している完全な深夜専門カレー店。錦糸町には深夜にしかやらないカレー屋として『アジアカレーハウス』もあり、非常に珍しい地域といえる。

・店内に漂うスパイスの香りは完全にインド
店内に入ると、まずその雰囲気に驚かされる。カウンターと、小上がりの畳にテーブル席。内装は完全に和風の居酒屋で、ここがカレー屋なのか何なのか戸惑う。しかし、店内に漂うスパイスの香りは完全にインド。

・曜日によってカレーの種類が変化
メニューはひとつしかなく、1000円の日替わりカレーセットのみ。曜日によってカレーの種類が変化し、毎日、違うテイストのカレーが楽しめる。カレーセットには3つのカレーが含まれているので、けっこうコストパフォーマンスがいい。

・どれを食べても絶品
席に座ると、黙っててもカレーとライス、サラダが出される。メニューがひとつしかないので、注文をする必要がないのだ。ここのカレー、選択肢はないが「どれを食べても絶品」である。

・爽やかな刺激とライスの旨味
ナンもライスも美味しいが、ライスのほうが『クシ』のカレーにマッチしている。サラサラとしたカレーがライスにスーッと染み込み、爽やかな刺激とライスの旨味が合さるのである。小麦粉でかさ増しせず、純粋に具とスパイスのみでカレーが作られているため、ダイレクトにカレーそのものの味が伝わるのがいい。

クシ
住所: 東京都墨田区江東橋3-6-9
時間: 19:00~04:00
休日: 日曜日
http://tabelog.com/tokyo/A1312/A131201/13183474/

東京メインディッシュの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP