ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

2015年Q2のスマートフォンパフォーマンスに影響を与えるアプリのトップは「Snapchat」(AVG調査)

DATE:
  • ガジェット通信を≫

セキュリティソフトウェアを手掛ける AVG Technologies が 2015 年 Q2 におけるスマートフォンのパフォーマンスに影響を与える Android アプリを調査した「AVG Android App Performance Report」を公開しました。AVG レポートのパフォーマンスとは、バッテリー消費、ストレージ消費、データ通信量のことで、調査結果によると、この期間でパフォーマンスに最も高い影響を与えたアプリはメディア共有アプリ「Snapchat」だったそうです。同社はこのアプリをナンバーワンのスマートフォンパフォマンスキラーに認定しています。理由については Snapchat がスマートフォンのカメラ、Wi-Fi、モバイルデータ、GPS を活用して様々な機能を提供する仕様によるもので、その影響度は過去にトップだった Facebook や Spotify を上回るものだったそうです。同社はまた、ソーシャル機能を搭載したブログツール Tumbler ついて、最も通信量の多いアプリだったと紹介しています。それはなんと Netflix と Spotify の合算よりも多かったらしいのです。Source : AVG

■関連記事
阪神電鉄、Bluetoothビーコンで展示説明をプッシュ通知する「甲子園歴史館アプリ」をAndroid向けにリリース
Samsungの2画面折りたたみ式スマートフォン新モデルと見られる「SM-W2016」がGFX Benchに登場
Y!mobile、「ARROWS S EM01F」のセキュリティアップデートを開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP