体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

マグロやカツオ以外もオススメ! 魚の「漬け」を作ってみた

f:id:naruse_e:20150915113151j:plain

刺身って閉店前やまとめて買うと安くなったりするので、つい買ってしまいがちじゃないですか。勢いで買ってしまったものの、けっこうな量の刺身を消費するのはなかなか大変なんですよね……。そんなときにオススメしたいのが「漬け」

漬けにしておくと日持ちもするし、アレンジ次第で味のレパートリーも広がります。

ただ、「漬け」と聞くと「マグロの漬け」や「カツオの漬け」を思い浮かべる人が多いはず。ですが、マグロなどの赤身の魚以外でもいろんな魚を漬けにしてみるとおいしく食べられます。むしろ、魚の脂がほどよくまろやかになり、漬けの方が好きという人も。 ……というわけで、魚の漬けを作ってみました。

まずは魚をチョイス!

魚って、「赤身魚」「白身魚」がありますよね。

赤身か白身かどうかの違いは魚の筋肉の色によって変わってきます。遠海まで泳ぐ魚は赤い筋肉、近海を泳ぐ魚は白い筋肉がついているそうです。

筋肉が違えば、味も違う!というわけで、赤身魚の場合は脂肪分が多い傾向にあるので濃厚で旨味が強いのが特徴。対して白身魚は脂肪が少なく、低カロリーで淡白な味わいです。

f:id:naruse_e:20150915113003j:plain

はい。そこで、今回用意したのがこちらの赤身と白身の魚。

サワラが白身魚で、サーモンが赤身魚。

と思うでしょうが、実はサワラが赤身魚でサーモンが白身魚なんです。人は見た目じゃないのと同じく、魚も見た目からは判断できないですね……。

なんでこんなことが起こるかというと、サワラはミオグロビンの量が~、サーモンはアスタキサンチンという色素が関係していまして~……という難しい説明は置いておいて、早速漬けていきましょう。

まずは煮きり酒を造る!

f:id:naruse_e:20150915113030j:plain

調味料は、酒、醤油、みりんです。分量はそれぞれ1:1:1でOK。魚の大きさに合わせて分量は調節してください。

ここでポイントになるのが料理酒です。生のまま使うとお酒の臭みが出てしまいます。なので、一回沸騰させて「煮きり酒」にすること。この作業だけでグッとおいしくなります。

f:id:naruse_e:20150915113058j:plain

煮きり酒は沸騰させたら冷やします。あとはその他の調味料と合わせて……。

f:id:naruse_e:20150915113117j:plain
1 2次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。