体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【速報】日経新聞が『Wii2』の情報を掲載! コントローラにタッチパネル搭載

Wii2

日本経済新聞が、任天堂の次世代ゲーム機『Wii2』(仮)の情報を掲載してゲームユーザーたちが驚きを隠せずにいます。任天堂は、来週、アメリカ合衆国ロサンゼルスで開催されるゲーム展示会『E3』で『Wii2』(仮)を発表するといわれてますので、信憑性が高い情報といえるでしょう。

なによりも驚きなのが、『Wii2』(仮)にはコントローラにタッチパネルが搭載されている点です。なんと、6インチもの大きさのタッチパネルが搭載されているらしいのです。日経新聞は「コントローラーには2次電池も内蔵しており、テレビが使えない状況では、コントローラーを携帯型ゲーム機のように利用することができる」と報じています。さらにカメラも搭載されているとのこと。

ゲームユーザーたちは「6インチっておいくらするんだよ」、「コントローラー液晶なんかつけたら本体のスペックはしょぼくなりそう」、「これって3DSへの死刑宣告じゃないの?」、「スゴ過ぎてどんなハードになるか想像つかんなこりゃあ」、「ほぼ噂通りの仕様だな」と感想を述べています。

ゲームユーザーの意見として「これって3DSへの死刑宣告じゃないの?」という発言があったように、任天堂には『ニンテンドー3DS』というタッチパネル搭載の携帯型ゲーム機があります。もし『Wii2』(仮)のコントローラにタッチパネルが搭載されるのであれば、その性能によっては『ニンテンドー3DS』を脅かす存在に!?

『Wii2』(仮)のコントローラとして『ニンテンドー3DS』を使用できるというのであれば理解できますが、現在の情報ではいくら推測してもどんなゲームハードになるのか想像がつきません。

画像: 任天堂公式サイト

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。