ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

細長いから食べ歩きにも便利?!ゴージャスなトッピングが魅力の新型ワッフルはいかが?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

今までのイメージを覆すような、まったく新しいタイプのワッフルが、11月20日にヨドバシAkiba 1Fにお目見えする。

ワールドリカーインポーターズ初のスイーツ業態である「CRAZED WAFFLE」(クレイズド ワッフル)」のワッフルは、ワンハンドで食べられる細長い形が印象的。

シュガーコーティングのかかったプレーン・チョコ・抹茶のほか、さまざまなトッピングを乗せた、華やかでゴージャスなワッフルが揃う。約30種類の定番ワッフルのほか、季節限定のものまでバリエーションも豊富。

店内で焼き上げられる「さくっ、ふわっ」のワッフル生地に使用されているのは、フランス国内にてバターで初めてAOC(フランスの優れた農業製品に与えられる呼称)に認定されたフランス・シャラントポワトゥ産「レスキュール」のバターや、北海道産ブランド小麦の「きたほなみ」など。そのこだわりのおいしさは、まさにCrazed(熱狂的な)ワッフルと言えそう。

できたてを食べるもよし、お土産やプレゼントとして持ち帰るのもよし。好きなスタイルで、新感覚のワッフルを楽しんでみよう。

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ストレートプレスの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP