ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう
「ジャスティス・リーグ」特集サイト

80年代ナムコ黄金期のゲームが『Facebook』で遊べる

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
80年代ナムコ黄金期のゲームが『Facebook』で遊べる

『Facebook』にはさまざまなアプリがあり、数多くのゲームも公開されていますが、バンダイナムコゲームスが80年代ナムコ黄金期のゲームを公開しているって、ご存知でした? 昨日、『Facebook』向けに『PAC-MAN』を配信開始したというプレスリリースを受け取って見てみたら、『PAC-MAN』だけでなく『ディグダグ』『ニューラリーX』まで遊べるじゃないですか! 80年代にゲーセンへ通った世代は要注目です。

※記事のすべての画像が表示されない場合はこちらをご覧ください

6月1日にリリースされたのは『PAC-MAN S』。ほかの2タイトルも『DigDug S』『NEW Rally-X S』として公開されています。この『Sシリーズ』は、オリジナルのアーケードゲームのグラフィックとサウンドを再現しつつも、ルールをアレンジ。120秒間のプレイ時間で獲得したスコアを『Facebook』の友達と競い合うというソーシャルゲームになっています。

『PAC-MAN S』は、ステージ上のドットをすべて食べるというゲーム内容はそのままなのですが、ステージ上には一部だけドットが表示されています。ドットを食べていくと、今度はステージ上の別の場所にドットが現れ、ステージをクリアすることなく120秒間プレイを続行するというルール。ドットを食べるほかに、パワーエサを食べてモンスターを食べたり、時々現れるフルーツやメダルを取ると高得点が稼げます。

ゲーム内で使えるポイントの概念があり、毎日最初にプレイする前にスロットマシンでポイントを稼いだり、ポイントを消費してプレイ時間の追加、モンスターを食べたときのスコア倍増、モンスターのスピードダウン、パックマンのスピードアップといったアイテムを購入することができます。バンダイナムコゲームスのプレスリリースによると、『Facebookポイント』でポイントを購入するアイテム課金を予定しているとのこと。現在は無料でポイントが発行され、すべて無料で遊ぶことができます。

『PAC-MAN S』(Facebook)
http://apps.facebook.com/pacmans/

http://apps.facebook.com/pacmans/

DigDug S

『DigDug S』は、ディグダグを操作して地底を掘り進み、モリや岩を使って敵を倒すというゲーム内容はそのままですが、いくら敵を倒しても次々と新しい敵が登場。このためステージクリアの概念はなく、120秒間ひたすら敵を倒していくことになります。岩を落とすと現れるベジタブルを取ったり、敵を連続して倒すと高得点。こちらもポイントの概念が用意されているようですが、現在のところポイントの獲得や消費はできません。取ると1方向に飛んで敵を倒すミサイルという新アイテムが追加されており、今後こうしたアイテムをポイントで購入するようになるのかもしれません。

『DigDug S』(Facebook)
http://apps.facebook.com/digdugs/

http://apps.facebook.com/digdugs/

NEW Rally-X S

『NEW Rally-X S』は、追跡してくるレッドカーや岩を避けながら迷路状のステージを走行し、チェックポイントとなるフラッグを取っていきます。こちらもステージクリアの概念はなく、次々に配置されるフラッグを取ってスコアを稼ぎます。オリジナルにあった『スペシャルフラッグ』は、「S」「N」「L」などアルファベットが記載された複数のフラッグに変わり、一定時間見えなくなったり、スモークの残量分スコアを加算するなどの効果があります。こちらも今のところポイントの獲得や消費の機能はなし。

『NEW Rally-X S』(Facebook)
http://apps.facebook.com/newrallyxs/

http://apps.facebook.com/newrallyxs/

3ゲーム共通で言える特徴が、ミスによるゲームオーバーがないこと。時間内なら何回ミスしても引き続きプレイできます。オリジナルを知らない人やゲームがそれほど得意でない人でも気軽に遊べるのがポイント。リアルタイムにオリジナルを遊んだ筆者にとっては、オリジナルを再現したBGMがツボに入りました。これを聞くだけのためにも毎日遊んでしまいそうです。この調子で『ギャラガ』『ゼビウス』『マッピー』『リブルラブル』も『Sシリーズ』でアプリ化されるといいなあ……。

ちなみに、『PAC-MAN』はオリジナルを再現した完全版も『Facebooka』アプリとして公開されています。こちらはオリジナルと同じルールで、友達とスコアを競い合えるほか、ゲームオーバー後に『Facebookコイン』を払うとコンティニューできるコンティニュー課金を導入しています。

『PAC-MAN』(Facebook)
http://apps.facebook.com/pacmanoriginal/

http://apps.facebook.com/pacmanoriginal/



  

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。