ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

プロに聞く・子どもと楽しむ「ハロウィンパーティ」飾りとレシピ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

近年日本で盛り上がりをみせるハロウィン。子どもがいるご家庭でも、パーティーをする機会が増えているのではないだろうか。そこで今回は、ハロウィンパーティーで子どもが喜ぶ演出について、バースデーバンク役員・日本バースデープランナー協会理事の吉田采都子さんに伺った。――まずハロウィンパーティーでは、どんな飾り付けが子どもに喜ばれるのでしょう?

キッズ向けのパーティーは、とにかく楽しくカラフルに! オレンジ×ブラックの王道カラーにフーシャピンク(鮮やかなピンク色)を足すと、グッと雰囲気が増します。かぼちゃやコウモリなどのアルミバルーンや、“Halloween”の英語のバナーを吊るすと、ワクワク感がアップします。天井からチュールやシフォンなど透ける素材の布を、クモの巣風やお化け風に四隅を吊って飾り付けるのもいいですよ

【画像1】かぼちゃやコウモリなどのアルミバルーンや、“Halloween”の英語のバナーを吊るすと、ワクワク感がアップ(画像提供:バースデーバンク役員、日本バースデープランナー協会)

――全体のカラーをハロウィンらしく統一するのがコツなんですね。では、ハロウィンにおすすめの花の飾り方は?

断然、ハロウィンリースがおすすめです。ミニかぼちゃ、姫りんご、色付いたリーフや、松ぼっくり、ざくろの実や赤い実…など、花よりも木の実や葉で飾り付けると、実りの秋らしいアレンジになります。また、ミニジャコランタン(かぼちゃのランタン)のちょっとした雑貨などをリースに付けたり、リボンを結んだり、ハロウィーンらしい吹き出しを付ければ更に楽しい雰囲気になります。リースにガーベラなどの花を付けても華やかになりますよ

【画像2】ハロウィンリボンリース(画像提供:バースデーバンク役員、日本バースデープランナー協会)

――子どもが喜ぶハロウィン向けレシピをおしえてください

ハロウィンといえばかぼちゃですが、かぼちゃスティックは食べやすくておすすめです。半分に切った春巻きの皮に、かぼちゃをすりつぶしたあんを包んで揚げるだけ。また特別に何かつくらなくても、ハロウィン柄やカラフルな紙皿や紙コップなどにスナックを盛りつけるだけでも華やかになりますよ

――なるほど、紙皿などで雰囲気を演出する方法もアリですね。では、あまり手をかけずにできるテーブルコーディネート術などはありますか?

ハロウィンカラーのテーブルクロスやランチョンマットを敷くと、パーティーのムードが高まります。また、ケーキスタンドはテーブルが立体的で華やかになるのでおすすめですが、ない場合でも、写真のように大き目のお皿をカップやお椀で高さを出してケーキスタンド風に演出してもよいと思います。またディスプレイ感覚で、小さめのハニカムボール(※画像3・ハチの巣のようなまん丸のデコレーション)などのパーティーグッズをテーブルに飾り付けるとハロウィンのワクワクしたムードが演出できます

【画像3】ハロウィンカラーのテーブルクロスやランチョンマットを敷くと、パーティーのムードが高まる(画像提供:バースデーバンク役員、日本バースデープランナー協会)

――ハロウィンアイテムを色々な場所に散りばめるようにすると、参加者の会話も膨らみそうですね。最後に、パーティーに招待された場合、持っていくと喜ばれる手土産は?

小さなお菓子の詰め合わせは定番ですが、ポイントはラッピング。100円ショップなどで販売されているラッピングバッグに、2~3種類を詰め合わせてリボンをかけたり、魔女ハットに詰めるのもいいですよ。ほかには、ハロウィンモチーフのヘアアクセやフェイスシールなど、すぐパーティーで楽しめるアイテムが喜ばれますね

ちょっとした工夫でパーティーが盛り上がりそうなアイデアばかり。今年は少しだけ手をかけて、子どもたちとハロウィンを楽しんでみては?●取材協力
バースデーバンク
日本バースデープランナー協会
元記事URL http://suumo.jp/journal/2015/10/15/98584/

【住まいに関する関連記事】
ボジョレー解禁! ホームパーティにぴったりのワインの包み方
ホームパーティーの新定番!? ペイントパーティーで模様替え
今ドキ新居お披露目パーティーはぐっとカジュアルに
みんなで楽しもう! ハロウィンパーティーのおすすめレシピ
3000円で自宅にシェフを呼べる、リピート必至の「マイシェフ」とは

住まいに関するコラムをもっと読む SUUMOジャーナル

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
SUUMOジャーナルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP