ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

5万回書ける! 新感覚の電子メモパッド『Boogie Board』に10.5インチ大型LCDタイプが登場

DATE: BY:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Boogie Board(ブギーボード)BB-2

キングジムは、アメリカに続いて日本でも大ヒットしている新感覚の電子メモパッド『Boogie Board(ブギーボード)BB-2』の10.5インチLCDタイプの輸入販売を開始します。発売は、アメリカと同日6月10日です。

『ブギーボード』は、感圧式の液晶画面に付属しているステンレス製のスタイラスペンや指先でパネルに描画できる電子メモパッド。本体内蔵のコイン型電池で約5万回の書き換えが可能で、ボード上部の消去ボタンで描画した内容を一瞬で消去できます。電力は、消去時以外には消費しないため、1日10回の書き換えで13年以上使用し続けられます。

今回発売する大型タイプ『ブギーボード BB-2』の液晶は10.5インチと従来モデル(8.5インチ)よりも一回り大きくなり、電池交換もできるようになりました(AAAA単6アルカリ乾電池2本)。また、スタイラスペンの持ち運びに便利なホルダー、持ち運びの際にメモを消すことを防ぐ『イレースロック機構』を新たに採用。オフィスのメモやアイデアシートに、家庭では子どものお絵かき帳にとますます活用できる場が広がりそうです。

本体サイズはH269×W175×D5.7mm(突起部除く)、重さ213g、カラーはブラックのみ、希望小売価格は6980円(税込み)です。
 

 

■関連記事
【ガジェモニ】電子メモパッド『Boogie Board(ブギーボード)』読者レビュー
キングジムの電子手書きメモ『マメモ』に持ち歩けるハンディタイプが登場
手書きメモをデジタル化できる『ショットノート』がAndroidに対応 新アイテムも発売へ
新型デジタルメモ『ポメラ』のQRコード生成機能は便利すぎる
KING JIM デジタルメモ「ポメラ」のちょっと…なところ

Kyoko Sugimotoの記事一覧をみる ▶

記者:

京都在住の編集・ライター。ガジェット通信では、GoogleとSNS、新製品などを担当していましたが、今は「書店・ブックカフェが選ぶ一冊」京都編を取材執筆中。

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。