体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【驚異】ドアの開閉回数やコーヒーを飲んだ回数まですべてわかる / センサーデバイス「Mother」

fd8206f2e31d7c1fc6953bdcc94891b3

「Mother」はフランスのSen.seという会社が発売しているセンサーデバイスだ。Motherと呼ばれる本体とクッキーと呼ばれるセンサーを利用し、生活をする中でのいろいろなことをデータとして収集できるのが特徴になっている。今回は、この「Mother」の使い方を紹介しよう。

・マトリョーシカのような本体と4種類のクッキーが付属
「Mother」の箱を開けると、大きな箱が出てきて、その箱を開けるとさらに2つの箱が出てきて、それぞれの中に本体とセンサーが別々に入っている。マトリョーシカを意識しているのだろうか? 本体もやっぱりマトリョーシカのようなかわいいスタイルで、電源を入れると目や口が光る。それに加えてカラフルな4つのセンサーが付属している。シンプルだが、生活に溶け込む自然なデザインだ。

b476f5eb9e3226591aae0bcb3427a276 e644133eb33d54051d95f6d4f760fd73 0bc204e66a9b6075d09240b34467cd12

・ドアや窓が開閉された頻度やコーヒーを飲んだ杯数
この製品で何ができるのかというと、各センサーの情報を「Mother」本体で受信し、視覚化してくれるのだ。ドアや窓が開閉された頻度やコーヒーを飲んだ杯数、ペットボトルを傾けた回数、気温まで計測できる。歯を磨いたか、定時に薬を飲んだか、睡眠状況は? なども計測できる。

・クッキーとMotherをリンクさせる
まずは順に作業していこう。本体に有線LANケーブルを接続したら、電源ケーブルをつなげる。自動的に電源が入り、大き目の起動音が鳴るので驚かないようにしよう。目が光ったら準備OK。その状態でPCなどからSen.seのウェブサイトを開き、「Register my Mother」からサインインする。まずはアカウントの作成から。その後、Motherを認識させ、スマホアプリなどをインストールする。

・検出したい動作や状態に応じたアプリをインストール
続いて、クッキーに電池をセットして、Motherにリンクさせる。ボタン電池の入れる方向が、紛らわしいので注意すること。最後に、各クッキーで検出したい動作や状態に応じたアプリをインストールすれば完了だ。

dccee4a0ed1f28e1d995b2bf7cf69231

・クッキーを扉やコーヒーメーカーにセットして計測開始
アプリをインストールしたら、クッキーを設置する。歯ブラシに固定するケースやペットボトルに装着するベルト、ストラップや壁に付ける粘着剤などが付属してる。今回はサンプル製品なので、テープで仮止めすることにする。

・さっそく試してみると超便利
4つのクッキーが付属するので、そのすべてで気温を計測しつつ、家の扉とコーヒーメーカー、薬箱、ベッドの4か所に設置することにした。家の扉は人が出入りするたびに、スマホにアラートが来るので、家人の状態チェックから留守中の監視にも役立つ。筆者が愛用している「ネスプレッソ」というカートリッジ式のエスプレッソマシンに対応していたので、早速試してみると超便利。

1 2次のページ
バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。