ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【驚異】ドアの開閉回数やコーヒーを飲んだ回数まですべてわかる / センサーデバイス「Mother」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「Mother」はフランスのSen.seという会社が発売しているセンサーデバイスだ。Motherと呼ばれる本体とクッキーと呼ばれるセンサーを利用し、生活をする中でのいろいろなことをデータとして収集できるのが特徴になっている。今回は、この「Mother」の使い方を紹介しよう。

・マトリョーシカのような本体と4種類のクッキーが付属
「Mother」の箱を開けると、大きな箱が出てきて、その箱を開けるとさらに2つの箱が出てきて、それぞれの中に本体とセンサーが別々に入っている。マトリョーシカを意識しているのだろうか? 本体もやっぱりマトリョーシカのようなかわいいスタイルで、電源を入れると目や口が光る。それに加えてカラフルな4つのセンサーが付属している。シンプルだが、生活に溶け込む自然なデザインだ。

・ドアや窓が開閉された頻度やコーヒーを飲んだ杯数
この製品で何ができるのかというと、各センサーの情報を「Mother」本体で受信し、視覚化してくれるのだ。ドアや窓が開閉された頻度やコーヒーを飲んだ杯数、ペットボトルを傾けた回数、気温まで計測できる。歯を磨いたか、定時に薬を飲んだか、睡眠状況は? なども計測できる。

・クッキーとMotherをリンクさせる
まずは順に作業していこう。本体に有線LANケーブルを接続したら、電源ケーブルをつなげる。自動的に電源が入り、大き目の起動音が鳴るので驚かないようにしよう。目が光ったら準備OK。その状態でPCなどからSen.seのウェブサイトを開き、「Register my Mother」からサインインする。まずはアカウントの作成から。その後、Motherを認識させ、スマホアプリなどをインストールする。

・検出したい動作や状態に応じたアプリをインストール
続いて、クッキーに電池をセットして、Motherにリンクさせる。ボタン電池の入れる方向が、紛らわしいので注意すること。最後に、各クッキーで検出したい動作や状態に応じたアプリをインストールすれば完了だ。

・クッキーを扉やコーヒーメーカーにセットして計測開始
アプリをインストールしたら、クッキーを設置する。歯ブラシに固定するケースやペットボトルに装着するベルト、ストラップや壁に付ける粘着剤などが付属してる。今回はサンプル製品なので、テープで仮止めすることにする。

・さっそく試してみると超便利
4つのクッキーが付属するので、そのすべてで気温を計測しつつ、家の扉とコーヒーメーカー、薬箱、ベッドの4か所に設置することにした。家の扉は人が出入りするたびに、スマホにアラートが来るので、家人の状態チェックから留守中の監視にも役立つ。筆者が愛用している「ネスプレッソ」というカートリッジ式のエスプレッソマシンに対応していたので、早速試してみると超便利。

・いい質の眠りが得られているかどうかをチェック
コーヒーを入れると動作を検知してくれるほか、カートリッジの在庫を登録することで残り個数も表示してくれる。薬を飲むべき時間に動きがなければ、アラートを出して知らせてくれる。ベッドでは、睡眠時の動きを検知して、いい質の眠りが得られているかどうかをチェックできる。

・センサーが動くと音が鳴るいたずら機能
赤ちゃんのいる家庭にもぴったりだ。赤ちゃんのいる部屋の温度を監視しながら、安眠管理ができる。センサーが動くと音が鳴るいたずら機能もあるので、おもちゃの中に入れておくと喜ぶかもしれない。逆に、高齢の両親がどのような生活をしているのかを知る目的で運用することも可能だ。

・「Pocket Mother」を起動すると登録アプリが一覧表示される
Motherとクッキーは独自の無線規格で通信しており、筆者の3LDKの木造一戸建てでは端から端まで利用できた。扉や薬箱の動かし方がゆっくりだと反応しないこともあったが、おおむね正確に検出できるようだ。扉が開閉するたびに、Motherから「バタン!」というサウンドが再生されるので、最初は驚くが頼もしいところだ。もちろん、このサウンドの音量も設定で小さくできる。

・運用には何の手間もかからない
アプリをインストールして、各種センサーの監視・コントロールデバイスということで、操作が難しいのかと思っていたら、ものすごく簡単。デジタルが苦手な人でも、初回設定だけ頑張ればなんとかなるレベル。運用には何の手間もかからない。

・Motherは最大24個までのクッキーを監視
セキュリティにも使えるので、4つのクッキーが付いて39,800円(税別)というのはコストパフォーマンスは悪くない。Motherは最大24個までのクッキーを監視できるので、追加のクッキーを購入してあらゆるところにくっつけたくなることだろう。

執筆: スマホとかの情報基地『スマキチ』

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/13/mother/

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP