ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

吉田所長とのTV会議、録画映像は存在するか 「確認させてください」と東京電力

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
松本純一原子力・立地本部長代理

 東京電力は2011年5月27日、福島第1原子力発電所の事故直後の放射線測定データを一部公開していなかったことを明らかにした。前日の26日には福島第1原発1号機への海水注入の中断をめぐる問題で、東京電力が実際は「注入を継続していた」とこれまでの発表を覆したばかり。

 枝野長官は27日午後の会見で、「私自身、国民に対しては大変申し訳なく、一方で東京電力に対しては大変怒っている」述べ、ニコニコ動画記者からの”東電でまだ公表されていない情報があるのでは”との質問に対しては「こういったことが次々と出てきている状況の中では、これで全てであるという前提で対応することはとてもできない」と語気を強め、不快感をあらわにした。

 東京電力が公表していないデータはあるのか。これまで幾度となく東京電力の説明に出てきた「本店と福島原発の吉田昌郎所長とをつなぐ『TV会議』の存在」がある。もしこのTV会議の録画映像が残されていれば、記憶やメモという不確実な主観的情報にとって変わる有力な客観情報になり、これまで伝聞としてしか示されてこなかった事故への対応の実態が一気に明らかになる可能性がある。

 この「TV会議の収録映像」の存在の有無について、2011年5月27日夕に行われたに政府・東京電力統合対策室の合同記者会見で、コニコ動画の記者(七尾功)が質問。東京電力の松本純一原子力・立地本部長代理は「ちょっと確認させてください」との繰り返しに終始、回答は28日以降に持ち越しとなった。

 質疑応答は以下のとおり。

七尾記者: 昨日の海水注水継続の件があって、本日になって未公表データがあるとなったが未公表のデータはもう(これ以上)ないと考えていいのか。

松本本部長代理: そちらに関してはもう一度再確認をした上で明日回答させていただければと思う。

七尾記者: 吉田所長とのTV会議は現在も使われているか。

松本本部長代理: 福島第1、第2、柏崎、本店の緊急対策本部、それから福島のオフサイトセンター、Jビレッジはつながっている。

七尾記者: 収録、録画設備はあるか。事故発生からこれまでのTV会議は録画しているか。

松本本部長代理: 録画はあると思うが、してないと思う。

七尾記者: え?

松本本部長代理: 録画機能はあると思うが(録画は)してないと思う。

七尾記者: 今までしてないのはなぜか。

松本本部長代理: 会議が目的なので、録画というところは使ってないと思う。ちょっと確認させてください。

七尾記者: これは緊急事態で、昨日の海水注入継続の件にしても(その根拠となるものは)単なるヒアリングによるものであって、いろんな証拠がないのが今、問題になっていて・・・なぜTV会議の映像がないのか。ちょっと理解できない。一切録画してないのか、事故発生当時から。

松本本部長代理: ちょっと確認させてください。

◇関連サイト
・[ニコニコ生放送]七尾記者質問部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv51226732?ref=news#1:47:23
・[ニコニコ生放送]枝野長官会見での七尾記者質問部分から視聴 – 会員登録が必要
http://live.nicovideo.jp/watch/lv51206403?ref=news#18:27

(七尾功)

【関連記事】
海水注入継続の客観データなしに「裏づけがとれてないから公表しないというのは情報を隠すことになる」
細野氏、2ヶ月前の1~3号機メルトダウンの助言に関し「可能性をもう少し厳しく見るべきだった」
原発事故検証問題 政府の指示は「危機管理センターで書類が作られ、しっかりと残っている」と長官

ニコニコニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。