ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

真心ブラザーズ、リリースツアー初日は興奮と爆笑の坩堝に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

70年代〜80年代の女性アイドルのカヴァー・アルバム『PACK TO THE FUTURE』をリリースした真心ブラザーズが、10月9日(金)の渋谷クラブクアトロより同名のツアーをスタートさせた。

ツアーメンバーはアルバムのレコーディングと同じく、YO-KINGと桜井秀俊にLow Down Roulettes(ベース岡部晴彦、ドラム伊藤大地)が加わった4人編成。

『PACK TO THE FUTURE』の収録曲や、真心のライブになくてはならない代表曲に加えて、たとえばかつて他のアーティストに提供した曲のセルフ・カヴァーなどの「カヴァー」というキーワードで新作のコンセプトにつながっている曲や、『PACK TO THE FUTURE』に収録しようとバンド・アレンジまで完成させたものの諸般の事情で入らなかった2曲まで含めた、バラエティ豊かなセットリスト。「お気づきでしょうか、『PACK TO THE FUTURE』では1曲も歌ってないんです、私」と言いつつ、桜井ヴォーカルの曲も2曲披露。

さらに新機軸としては、このアルバムの制作にあたってYO-KINGに「弾いて」と要請され、完璧に弾きこなせるようになった桜井のスライドギター、ライブの要所要所で大活躍。ただし本人は「弾き姿が地味なんだよね、座るからさ」と若干気にしたりもしている。一足先に各地の夏フェスで披露していた“グッド・バイ・マイ・ラブ”(アン・ルイス)はもちろん、ここで初めてプレイされる『PACK TO THE FUTURE』の曲たちも、ツアー初日とは思えないほどLow Down Roulettesと息が合っている。

不意に「あのー、長く観に来てるファンの方はわかったと思うんですけど、僕、今がいちばん歌うまいんです、27年やってきて」と断言するYO-KING。「いやあ、よかった。僕のおかげです。あ、でも俺7割、お客さん3割」と続けて「俺1ミリも入ってない……」と桜井を絶句させたり、「(ライブやってみて)どう?」「疲れます。いや、そう言うと語弊があるけど、好きな曲ばかりだしアレンジした方も尊敬してるから、その人たちに届けと言わんばかりの魂で──」と、桜井に延々まじめにしゃべらせた挙句「話がおもしろくなかった」と切り捨てたり、いつもに増して絶好調。そのたびにフロアは爆笑の渦に包まれる。

『PACK TO THE FUTURE』収録曲で真心の新しい一面を、そしておなじみの曲では変わらぬ真心のすばらしさをオーディエンスに存分に届け、本編が終了。アンコールでYO-KING、明後日の10月11日から水戸で新しいツアーが始まることを改めて告知。

『KING OF ROCK』リリース20周年を記念してアルバムを曲順どおりに再現するツアー『MORE KING OF ROCK 20th』と、この『PACK TO THE FUTURE』ツアーは、並行して続いていく。『PACK TO THE FUTURE』ツアーは11月21日梅田CLUB QUATTRO、『MORE KING OF ROCK 20th』ツアーは11月28日(土)EX THEATER ROPPONGIでファイナルを迎える。

photo by eri shibata
text by 兵庫慎司

真心ブラザーズ ライブ・ツアー『PACK TO THE FUTURE』
10月18日(日) 岡山 岡山 IMAGE
10月31日(土) 静岡 静岡 Umber
11月04日(水) 宮城 仙台 darwin
11月07日(土) 北海道 札幌 PENNY LANE24
11月15日(日) 福岡 福岡 DRUM Be-1
11月21日(土) 大阪 梅田 CLUB QUATTRO

真心ブラザーズ ライブ・ツアー『MORE KING OF ROCK 20th』
10月11日(日) 茨城 水戸ライトハウス
10月17日(土) 広島 広島 ナミキジャンクション
11月01日(日) 愛知 名古屋 CLUB QUATTRO
11月05日(木) 岩手 盛岡 club change wave
11月09日(月) 北海道 札幌 cube garden
11月12日(木) 長崎 長崎 DRUM Be-7
11月14日(土) 熊本 熊本 B.9
11月18日(水) 愛媛 松山サロンキティ
11月20日(金) 香川 高松MONSTER
11月28日(土) 東京 EX THEATER ROPPONGI
12月12日(土) 沖縄 桜坂セントラル

カテゴリー : エンタメ タグ :
OKMusicの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP