ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【衝撃】ネット生放送しつつ歌舞伎町で女性をナンパした男性 / 通行人とトラブルで暴力騒動

DATE:
  • ガジェット通信を≫

2015年10月9日深夜、インターネット生放送をしながら東京都の新宿歌舞伎町でナンパをしていた男性が、通行人とトラブル。インターネット生放送が途中で途絶え、音信普通となる騒動が発生した。

・歌舞伎町でナンパするようすを放送
自分がナンパをするようすをインターネット生放送していたのは、ニックネームを「かなへび」と名乗る20代前半の日本人男性。「顔がイケメン」という部分以外にとりえがなく、自分の根性を視聴者に示すため、歌舞伎町でナンパするようすをインターネット生放送していたようだ。

・交通量調査をしていた男性が激怒
ところが、なかなかナンパがうまくいかず、ターゲットを交通量調査のアルバイトをしている女性にしたところから、大きな問題へと発展していった。かなへびがあまりにもしつこく交通量調査のアルバイト女性に言い寄ったため、同じく交通量調査をしていた男性が激怒。

・激しい口論
男性スタッフが「女性が嫌がっている」「仕事の邪魔になる」と注意したにもかかわらず、かなべひがしつこくやってきたため、激しい口論となった。

・「人のカメラを触るな!!」と反抗
さらに、そこにやってきた通行人の男性ともトラブルとなり、かなへびに対して「ブッコロしてやろうかなコイツ」「よっしゃお前!!」と激怒。パソコンが激しく揺れるなどの肉体的なケンカ(?)に発展。

かなべひは「人のカメラを触るな!!」と反抗したものの、ついにパソコンが停止してしまい、インターネット生放送も終了してしまった。その後、かなへびは放送を再開することなく、視聴者が安否を心配する状態に。

・かなへびの行動まとめ
インターネット生放送をしながら歌舞伎町を訪れる

複数の女性をナンパ → 失敗

交通量調査の女性をナンパ → 失敗

他の女性をナンパ → 失敗

交通量調査の女性と男性の所に行く → 穏便に追い返される

しつこく交通量調査の女性と男性の所に行く → トラブル発生

通行人と口論になる → 肉体的なぶつかりのあるトラブル発生

パソコンが停止してネット放送も終了

・人に迷惑をかけないのが前提
繁華街でのインターネット生放送は周囲の人に迷惑をかけないのが前提である。場合によっては命にかかわる事故や事件になるかもしれず、そのあたりを注意して配信したいものだ。

https://youtu.be/IXo97eKbHH4

もっと詳しく読む: バズプラスニュース Buzz+ http://buzz-plus.com/article/2015/10/10/kanahebi-nanpa/

Via: かなへび

バズプラスニュース Buzz+の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP