ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【CEATEC2015】カッコよくて操作しやすい村田製作所の『Sabae×Murata めがね発スマートグラス』

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


10月7日から10日にかけて幕張メッセで開催中のIT・エレクトロニクスの総合展示会『CEATEC2015』。村田製作所は、福井県鯖江市のメガネメーカーと共同で開発したスマートグラス『Sabae×Murata めがね発スマートグラス』を参考出展。デザイン性と操作性を両立したユニークなスマートグラスです。


鯖江市といえば、めがねフレームの国内シェアが90%以上の“めがねのまち”。フレームのデザインはボストンクラブ、設計・製作はシャルマンが担当し、流行を取り入れたウエリントンタイプのスマートグラスに仕上がっています。


右側のフレームには、ホイール型の回転スイッチとプッシュボタンを装備。村田製作所が開発した世界最小のアナログスイッチモジュールで、これにより片手で様々な操作が可能になっています。


左目用レンズの内側には、AR機能を持たせるソニー製の透過型マイクロディスプレーを搭載。


ブースでは家庭での使用を想定したデモが体験可能。スマートグラス前面には赤外線照射モジュールが搭載され、家庭内の機器をスマートグラスから見たメニュー画面で操作することができるようになっています。


たとえばテレビを見ると視界の左上に電源のON/OFFやチャンネル操作のメニューが表示され、プッシュボタンの決定と回転スイッチの選択操作が右手だけで可能。電灯の明るさを設定したり、扇風機の首振り動作を設定できたりします。カッコよさとスイッチによる操作のしやすさが両立したこんなデザインなら、家庭でも違和感なく使えそうです。

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP