ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

手書きのカードが気軽に作れる!グリーティングカードアプリ「Punkpost」が楽しい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

どんなに世の中がIT化されても、手書きのメッセージカードを受け取るのは、やはりうれしいもの。

大切な人の誕生日や記念日、お世話になった人への感謝は、お手製のカードで気持ちを表したいと思う。

しかし、ハンドメイドの場合、ある程度センスがなければうまくいかないのも、また事実。

思い立って書いてはみたものの、やればやるほど自分のイメージとは程遠くなっていく、ということも多々あるだろう。

・カード作りをアーティストが代行

そんなときこそ利用したいのが、この「Punkpost」だ。

アプリから申し込むだけで、素敵なハンドライティングカードを作成できる、デジタル世代のためのグリーティングカードアプリである。

一連の作業は、驚くくらいカンタン。

アプリから好きなカードのデザインを選び、メッセージを記入するだけ。最後に送り先の住所と宛名を添えて、ぽんと送信。それで終了だ。

あとの仕事はすべて、専属アーティストが引き受ける。ユーザーから受け取ったメッセージをお洒落な手書き文字に変え、封筒に入れて相手に送ってくれるのだ。

・紙吹雪封入サービスもあり!

さらに、この「Punkpost」には、封筒の中に紙吹雪を入れるという、他にはないユニークなサービスもある。お祝い事のサプライズには、ぴったりの演出だ。

完成したカードの写真は、ユーザーのアカウントに投稿されるので、ちゃんと確認もできる。どんなものが送られたのかわからない、なんてことにはならないので、ご安心を。

・大切な日をプログラム化して、さらに便利に

誕生日や記念日といった、個人的なリマインダをプログラムすることも可能。送りたいカードとメッセージを、あらかじめその日に設定しておけば、自動的にカバーされる仕組みだ。

利用料金は、初回が無料。その後は郵送料として、6ドルかかるそう。自分でカードを買うよりはるかに安いので、何かの機会に使ってみたいものである。

Punkpost

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP