ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ソフトバンク、MIL規格準拠のタフネスAndroidフィーチャーフォン「DIGNOケータイ 502KC」を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ソフトバンクは 10 月 8 日、SoftBank / Y!mobile の新商品発表会で、Android を搭載した京セラ製フィーチャーフォン「DIGNO ケータイ 502KC」を発表しました。こちらも、ソフトバンクと Y!mobile を通じて発売されますが、発売時期は 2016 年 3 月中旬とだいぶ先です。DIGNO ケータイは京セラ初の Android フィーチャーフォンで、基本スペックの多くは同日発表された「AQUOS ケータイ 504SH」と共通していますが、FDD-LTE や VoLTE、HD Vocie(3G)に対応するほか、ボディは MIL規格準拠の耐衝撃性を備えるなど、AQUOS ケータイよりも高機能で頑丈です。Android フィーチャーフォノンで LTE 必須という方は DIGNO ケータイを待った方が良いでしょう。DIGNO ケータイは、従来の SoftBank ケータイで定番の折りたたみ式ボディを採用したフィーチャーフォンスタイルの機種で、内側に 3.4 インチ qHD 解像度の液晶と外側には 0.7 インチの有機 EL ディスプレイを搭載。Wi-Fi はサポートしていませんが、ワンセグ、赤外線通信、IP58 レベルの防水・防塵などにも対応しており、LINE アプリがプリインストールされます。カラバリは、カッパー、ブラック、ホワイト、ピンク、ブルーの 全 5 色です。OS:Android(バージョンは不明)サイズ(折りたたみ時): 114 x 51 × 18.2mm、質量 130gディスプレイ(メイン):3.4 インチ、解像度 854 x 480 ピクセル(FWVGA)、液晶ディスプレイ(サブ)」0.7 インチ、有機 ELプロセッサ:Snapdragon 210 MSM8909 1.1GHz クアッドコアメモリ:RAM 1GB、内蔵ストレージ 8GB、microSD / microSDHC(最大 32GB)リアカメラ:800 万画素フロントカメラ:なし通信速度:3G High Speed(下り最大 21Mbps / 上り最大 5.7Mbps)、SoftBank 4G LTE(下り最大 150Mbps / 37.5Mbps)対応周波数:GSM(900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(900 / 2100MHz)、FDD-LTE(900 / 1700 / 2100MHz)ワイヤレス通信機能:Bluetooth v4.1、赤外線通信外部端子類:3.5mm オーディオジャック、Micro USBバッテリー:1,500mAhHybrid 4G LTE:×プラチナバンド:○VoLTE:○HD Voice(3G):○テザリング:○NFC:×S!メール:○おサイフケータイ:×テレビ機能:ワンセグ赤外線通信:○耐久性:防水(IPX5 / 8)、防塵(IP5X)Source : ソフトバンク

■関連記事
Y!mobile、厚さ7.7mmのスリムな5インチスマートフォン「LUMIERE(ルミエール) 503HW」を発表
ソフトバンク、4.7インチのコンパクトモデル「AQUOS Xx2 mini」を発表
ソフトバンク、Yahoo! Japanの全サービスに自動ログインできる新サービス「スマートログイン」を提供開始

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP