体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

いかにして「暴言検事」は生まれたか(2) 「これはお前の調書じゃない。俺の調書だ!」

市川寛元検事

 取り調べの際に被疑者に暴言をはいたことがきっかけで、検事をやめることになった市川寛氏。強引に自白を取ろうとする先輩や上司のやり方に疑問を感じていたが、反抗することはできなかったという。良心の呵責を感じながらも、検察という組織の「兵隊」になっていった――。2011年5月23日のシンポジウムで語られた市川氏の「告白」について、前回に続き、全文を書き起こして紹介する。

いかにして「暴言検事」は生まれたか(1) 「生意気な被疑者は机の下から蹴るんだよ!」

■調書を勝手に作文し、「署名しろ」と被疑者に迫る上司

 3年目の検事だったときに、ある事件がありました。私自身は「そもそもこの事件は、自白があろうがなかろうが有罪になる」と、自分なりに捜査の結果を信じて、かつ、私が思うところの自白、供述としての自白も取り、調書も取って、決済に上げました。

 すると、上司が言うには「足りない」と。「足りないところがあるので、(改めて調書を)取ってこい」という指示を受けました。このときの上司も、私より10年以上キャリアが上の方でしたので、「いや、そうでしょうか。これで十分ではないでしょうか」と私は言うことができませんでした。最後に申し上げますが、結局、私の一番の問題は、おかしいと思っても言えなかったことに尽きます。

 そのとき上司は、私に自白、正確には自白調書の取り方を伝授してくださいました。まず、被疑者が取調べ室に入ってきます。そして「こうやれ」と。再現してご覧に入れますが、「座れ。見てろ」と言って、たとえば「私は平成23年5月23日午後7時ごろ、お茶の水の明治大学校舎内において、Aさんを殴ったり蹴ったりしてけがを負わせました」と勝手にしゃべるんです。被疑者は何も言っていません。それを事務官が調書に取ります。できあがった調書――当時はまだ手書きだったのですが――それを被疑者の前に置いて「署名しろ」と。

 当然、被疑者は抵抗します。言ってないんですから。そのとき、上司に言われました。「もし被疑者が抵抗したらこう言え」と。今でもはっきり覚えていますので申し上げます。「これはお前の調書じゃない。俺の調書だ!」。こう言えと教わりました。

 仕方がないので、私はそれをマネしました。このときだけは。だが、何の効き目もない。当たり前じゃないですか。言ってないんですから。それでもう策は尽きているわけです。この事件のケースは、もともと有罪になる事件だったというか、起訴して有罪になっているんですが、私は10時ごろに取調べを始め、夕方の5時ごろまで取調べをしていました。正確に言えば、朝の10時に、上司から言われた通り「おい、聞いてろ!」とやって、「署名しろ!」と言って、「する」「しない」「する」「しない」を5時間くらいやっているわけです。

 立ち会い事務官も一緒にいましたが、(被疑者に)夕ご飯を食べてもらっているときに、私たちも近くの喫茶店に行きまして「もう万策尽きた」と。事務官も「そうですよね。これはもう、上司にダメだと報告していいんじゃないですか」と言ってくれたものですから・・・。3年生の検事よりは事務官のほうが実務経験は上なので、若い検事にとっては事務官は非常にありがたい存在です。

 その事務官が賛成してくれたものですから、私は上司の携帯電話に電話をかけました。それが夕方5時か6時ごろです。かくかくしかじかとやって、いろいろ自分なりに手を尽くしましたけれども・・・はっきり申し上げておきますが、怒鳴ったりもしています。泣き落としもしています。「これは俺の調書だ」と大見栄も切りました。全部ダメです。いろいろ言って、「これはダメです。ダメそうです」と言ったところ、上司は、その携帯電話で「あ?知らん!」と言って、ブツッと切れてしまったんです。

 私は当時、3年目の検事でしたので――これは私が当時思った真実として申し上げますけれども――「自白調書をとらないと家に帰れない」と思いました。それほど、私自身が追い詰められていたんです。

 いまの私であれば「ふざけるな」と、とっとと帰っていますけれども、当時はそれができない。「知らん!」と、ブツッと切れるわけですから、しょうがないので、6時ぐらいからまた、すったもんだをやった。一応、ギリギリの任意性が担保されるような問答で、最後になんとか署名をもらったんですが、はっきり言えば、目の前の被疑者はひとことも言っていない。サインをもらってきただけです。芸能人のサイン会じゃないんですから・・・。

1 2 3次のページ
ニコニコニュースの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。