ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

床から部屋が生えてくる!?わずか数分で模様替えできる建設システムが米国から登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

引っ越しをせずに部屋の雰囲気を変えるなら、模様替えが一番。

見慣れた空間が一新されれば、気分もリフレッシュ。新たな活力がわいてくるというもの。

しかし、新しい配置図を考えたり、家具を動かしたりするには、相当な労力が必要。もっと手軽に実行する手段が欲しいと思うのは、当然のことだ。

そんな願いをかなえてくれるプロジェクトが、ニューヨークから登場。ロボット建設会社、asmidが開発した、数分で部屋の模様替えをするロボティックシステム「project dom(プロジェクトドム)」である。

・ロボットがレイヤーごとにアウトラインを形成

「project dom」の面白さは、その空間構築の過程にある。

床下に組み込まれたシステムが作動し、任意の形状にモジュールを形成してゆく様は、さながら時とともに風景が移り変わる、タイムラプス映像のようだ。

システムは、光センサーとマーカーによって作動。タイルでできたモジュールが、誰の手も借りず、自らの力で自分自身を配向し、組み立てていく。

ロボットは同一のモジュラー要素を使用して、レイヤーごとにアウトラインを作成する。1つの層が組まれると、その輪郭が持ち上がり、次の層の形成が始まる。望み通りのオブジェクトが完成するまで、この作業を繰り返していくというわけだ。

・将来はビルの建設も!

プロジェクトの作成とコマンドには、スマホを使う。専用アプリから置きたい家具を選び、ダウンロードすれば、数分後にはその形が、目の前に完成形となって現れる。

本システムの利点は、何と言っても、人の手をかけずに手軽に模様替えができるところ。

住宅のみならず、オフィスや店舗の空間設計にも、威力を発揮。イベントや会議など、ニーズに合わせた部屋造りが、数分で実現する。

asmidでは現在、システムを応用したビルの建設プロジェクトも研究中。わずか1時間足らずでビルが建つのも、そう遠い話ではないかもしれない。

project dom

Project Dom Apartment Reconfiguration from asmbld on Vimeo.

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP