体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

クラフトビールの良店、阿佐ヶ谷「STONE」で平均アルコール度数10%の本格派IPAを楽しんできた

f:id:Meshi2_IB:20150901130602j:plain

IPAづくしのひとり酒を阿佐ケ谷「STONE」で楽しんできた

一番美味しいお酒は何かと聞かれたら、やっぱりビール!

そう自信を持って言えるようになったのは、このお店で飲んだ「IPA」がきっかけでした。ホップをたっぷりと使用し、苦みもアルコール度数も高めのIPA(インディア・ペール・エール)は、最近流行している低アルコール飲料とは真逆のベクトルで、コクを重視した重厚な味わいが楽しめます。

 

f:id:Meshi2_IB:20150901130601j:plain

そもそもクラフトビールとは、小規模なビール醸造所でビール職人が手作りで作っているような高品質で個性豊かなビールのこと。いちど飲むとその芳醇な味わいの魅力にとりつかれること間違いなしの美味しさで、最近ブームになりつつあるんです。

さてここ阿佐ケ谷にあるクラフトビール&ウイスキーショップ「STONE」では、近年注目の集まるIPAを中心に、海外のクラフトビールが楽しめます。わたしはここで人生初のIPAを飲んだのですが、そのフルーティな味と濃厚なコクが忘れられず、今回取材をお願いすることに。そのビールはどれもホップの豊かな風味を堪能できるものばかり。アルコール度数は8%などかなり高めのものが中心ですが、あえておつまみを食べずに、この高アルコールビールを4杯ほど味わおうという、やや暴挙ともいえるチャレンジをしてきました。

 

ビールをセレクトしているのは、バーテンダーでありSTONEの代表である坂本貴洋さん。ここ数年クラフトビールが流行していて、スーパーなどでもIPAが買えるようになりつつありますが、アメリカンスタイルのIPAには、日本人が思っているのと比べ物にならないほど、たっぷりとホップが使われているとか。

 

f:id:Meshi2_IB:20150901130600j:plain

左が「Denver Beer Tandem Pedal Double IPA」(アルコール度数9.7%)、右が「GREEN FLASH WEST COAST IPA」(アルコール度数8.1%)。いきなりハードなメンツの登場です!

 

「Denver Beer Tandem Pedal Double IPA」のほうがアルコール度数が高いのですが、こちらには蜂蜜が使われており、「GREEN FLASH WEST COAST IPA」よりもすっと飲みやすいのだそう。日本で主流のビールの約2倍のアルコール度数とあって、かなりビビりましたが、飲んでみてまず感じたのは、苦さでも炭酸の爽快感でもなく、ぽってりとした甘さ。これは意外でした。そんなにアルコールがきつい感じがしないのです。舌にぽてっと乗るような感じで、麦から来る甘味ではなく、蜂蜜由来の甘さを感じます。この甘さのおかげで、かなり高いアルコール度数ですがヘヴィさを感じません! 飲みやすいだけに、いつの間にか酔ってしまう危険なビールでもあるわけですね。ちなみに、日本の生ビールと違ってビールの泡がほとんどありませんが、これはアメリカで主流のスタイルだとか。

 

「GREEN FLASH WEST COAST IPA」のほうは、アルコール度数はさきほどのビールより低いのに、一口含むと「おおっ」と思わず声が漏れてしまう重厚さ! 

 

坂本さん「アメリカンクラフトビールの中では一番ホップを使っているんじゃないかってくらい使っています。Green flash west coastは表記はIPAですが、スタイルはDouble IPAなんです。むしろWIPAと言ってもいいくらい」

わたし「W(ダブル)IPAというのは、通常のIPAの倍のホップが入っているんですか?」

坂本さん「定義はないんです。ワインのような格付け基準があるわけではないので、ブリュワリーによってはこのビールより苦味が弱くて度数が低くてもWIPAと表示していることもありますよ」

 

f:id:Meshi2_IB:20150901130559j:plain

IPA用のグラスで味わうと、さらに違いがわかりやすくなるとのこと。お言葉に甘えて注いでいただきました。

 

f:id:Meshi2_IB:20150901130558j:plain

見ての通り、グラス中央部がギュッとくびれて、口がすぼまっています。底に微妙なキズをつけることで微細な泡が立ち上り、膨らみのある中央部でビールを回遊させることで香りをこもらせ、口がすぼまっていることで香りが逃げないようになっています。また、通常のグラスに比べ薄い造りのため、唇に触れるタイミングもスムーズ。同じビールなのに、グッと香り高くなりました!

 

f:id:Meshi2_IB:20150901130557j:plain
1 2 3次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。