ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

さまざまな恋と友情を通じた、ユーモラスでほろ苦い自分探しの旅!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

映画『フランシス・ハ』で、日本でも注目を集めた女優・グレタ・ガーウィグが同作以前に主演を務めた映画『ハンナだけど、生きていく!』が公開。

大学を卒業したばかりの夏、主人公のハンナは、無職になったボーイフレンドに別れを告げる。心の傷と慢性的なフラストレーションを抱える彼女は、次第に職場仲間であるマットとポール、2人の青年のあいだで心揺れることに――。

魅力的な主人公・ハンナが様々な恋や友情を経て、本当の自分を見つけるまでを“即興演技”でリアルに描き出した本作。キャストであり、スタッフとしても参加するのは、監督を務めたジョー・スワンバーグをはじめ、“マンブルコア派”と呼ばれる新世代映画作家たち。アメリカ・インディペンデント映画界の未来を担う彼らの豊かな才能に注目して!

ハンナだけど、生きていく!
監督:ジョー・スワンバーグ
出演:グレタ・ガーウィグ、ケント・オズボーン、アンドリュー・バジャルスキー、ライ・ルッソ=ヤング、マーク・デュプラス、トッド・ロハル、ティッパー・ニュートン、クリス・スワンバーグ、ケヴィン・ベーベルスドルフ、ネイサン・アドロフ
(2007年/アメリカ)
公開中
(C)Visit Films
http://indietokyo.com/?page_id=1600

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP