ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

民間平均給与は415万円 前年比プラス0.3%も、非正規男性ではマイナス1.1%

DATE:
  • ガジェット通信を≫

国税庁が2014年分の民間の事業所で働く従業員の給与実態を公表した。平均給与は前年比0.3%増の415万円。正規雇用者は男性が1.1%増(532万3000円)、女性が0.9%増(359万3000円)だった。
非正規雇用の男女の給与差は1.5倍

非正規雇用の女性は伸び率が最も高く、前年度の143万3000円から2.9%伸びて147万5000円に。一方、非正規雇用の男性はマイナス1.1%で、唯一の前年比減。前年度の224万5000円から222万円に減ったものの、給与額は女性の1.5倍を維持している。

非正規雇用の男性の給与が前年比マイナスになったのは、2年連続。人数も3.6%増え、男性給与取得者の11.5%を占めている。非正規雇用の女性の人数は5.4%増え、女性給与取得者の39.2%となった。

あわせてよみたい:年金の「世代間格差」に若者世代から不満の声
 

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
キャリコネの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP