ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドン・ヘンリー(イーグルス)ミック・ジャガーら豪華ゲスト参加の“夢が叶ったアルバム”に大絶賛の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 イーグルスのオリジナルメンバーであるドン・ヘンリー。故郷の名をタイトルに冠している、15年ぶり5作目のソロアルバム『カス・カウンティ』が発売された。

 数えきれないほどの音楽賞受賞歴、大ヒットアルバムの数々、世界各国での完売ツアー等、世界で最も影響力のあるバンドの一つ、イーグルスのオリジナルメンバー/ボーカリスト/ソングライターであるドン・ヘンリーが、15年ぶり5作目となるソロ新作『カス・カウンティ』をリリースした。

 ソロとしてのヒット曲は「ボーイズ・オブ・サマー」「オール・シー・ウォンツ・トゥ・ドゥ・イズ・ダンス」などポップなロック作品もあるが、本作は生まれ育った故郷(米テキサス州カス郡)をタイトルに冠した、自らのルーツと、クリエイティヴィティにおけるネクスト・ステップが示された作品となっている。

 ナッシュヴィル(テネシー州)とダラス(テキサス州)でレコーディングされ、その地を代表する世界的なアーティストの数々をゲストに迎えて制作。「過去のどのアルバムよりもこのアルバム制作は楽しかったよ、参加してくれた皆のおかげだ。ここには素晴らしいミュージシャンが何人もいる」そのゲストアーティストというのは、ドリー・パートン、ミランダ・ランバート、ミシェル・ブランチ、アリソン・クラウス、ルシンダ・ウィリアムス、マルティナ・マクブライド、ヴィンス・ギル、そしてミック・ジャガーといった面々だ。

 先行配信されていたシングル曲が大評判で、『カス・カウンティ』は米ローリング・ストーン誌で「今秋聴くべき15枚のアルバム」に選ばれていた。本国アメリカではいくつものテレビ出演でパフォーマンスを披露したり、ビリー・ジョエルとのインタヴュー・イベント『Don Henley In Conversations with Billy Joel』がライブストリーミング配信された。

 アルバム評も「間違いなくドン・ヘンリー最上のソロ・作品」(American Songwriter)、「2015年残り3か月、みんなが聴きたいアルバムはこれだ」(US Weekly)、「アルバムの曲はカントリー、ブルースからロック、アメリカーナに亘るが、このオーガニックなブレンドは彼がイーグルス初期の頃からやっていたことだ」(Rolling Stone)、「前進するために、彼は(故郷に)戻った」(The Wall Street Journal)などなど、このアルバムの素晴らしさを称えている。

 なお、10月3日には、北米ツアー【CASS COUNTY TOUR 2015】がスタートする。

関連記事リンク(外部サイト)

15年ぶりのソロ作リリースが控えるドン・ヘンリー、68歳に
内田裕也、OKAMOTO’Sのライブを賞賛「ただ、ヴォーカルはちょっとミック・ジャガーに似すぎ」
ストーンズ初来日から25年、ミック・ジャガーが日本語でメッセージを公開

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP