ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

カネコアヤノ、2ndアルバム発売! 永原真夏と自主企画第3弾で2マンも決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

シンガー・ソングライターのカネコアヤノが9月29日、東京・下北沢SHELTERで自主企画〈カネコアヤノのてんごくツーマン~おとぎ話編~〉を開催した。

こちらは、カネコ自身がリスペクトしているアーティストを招いて行っている対バン企画の第2弾。第1回となった6月にはHomecomings、今回はおとぎ話を迎えての開催となった。

まずはおとぎ話が初期の名曲や最新曲を織り交ぜたライヴで満員の会場を沸かせると、主催のカネコがバック・バンドを従えて登場。活動初期に販売していた自主制作盤『印税生活』収録のレア曲「都合のいいやつ」「てんごく」からライヴをスタートさせると、カントリー調のギターが軽快な「キスをしよう」、昨年発売した1stアルバム『来世はアイドル』のリード曲「スイミング」などノリの良いナンバーで会場を沸かせた。その後は、カネコひとりでのアコースティック・ギターの弾き語り演奏も披露。「週明け」に続いてBLANKEY JET CITYのカヴァー「赤いタンバリン」を披露すると、その意外な選曲に会場がどよめいた。

再びバンドセットに戻って「さかな」「こころとことば」などを演奏すると、MCでは「おとぎ話は学生時代からの憧れのバンドなので、対バンできて本当にうれしい。来てくれてありがとうございます!」と喜びを伝え、「11月10日にはこのイベントの第3弾に、SEBASTIAN Xを活動休止中の永原真夏さんのバンド、永原真夏+SUPER GOOD BANDをお迎えします!」と発表した。なお、カネコは学生時代からSEBASTIAN Xの大ファンであることを公言している。

「まだまだいろんなことしようと思ってます。これからもついてきてください」と力強く語ると、11月11日に発売が決定している2ndアルバム『恋する惑星』からポップなナンバー「コンビニ」、エキセントリックなバンド・アレンジの「銀河に乗って」を演奏し本編は終了。アンコールでは「退屈な日々にさようならを」、最後にラストでは定番となっている人気曲「はっぴいえんどを聴かせておくれよ(仮)」を演奏し、ライヴは大盛況に終わった。

ライヴ後には、『恋する惑星』のアート・ワークがカネコの公式サイトで公開されている。イラストレーターの安藤晶子とコラボレーションした今作は切り絵と写真で構成されており、透明感のなかにもオリエンタルな雰囲気の漂う作品に仕上がってる。アルバムはOTOTOYでも配信予定。発売記念イベントも予定されているので、詳細は公式サイトなどをチェックしよう。(前田将博)

・カネコアヤノ 2ndアルバム『恋する惑星』
収録曲
1 コンビニ
2 銀河に乗って
3 ホームシックナイトホームシックブルース
4 恋のしかた
5 キスをしよう
6 マジックペンと君の名前
7 恋文
8 週明け
9 こころとことば
10 恋文 ‒アコースティックver.‒
品番 : XQMK1002
価格 : 2500円+税

〈発売記念ミニライブ&サイン会〉
開催日時:2015年11月28日(土) 15:00~
場所:タワーレコード新宿店 7Fイベントスペース

〈カネコアヤノのてんごくツーマン~永原真夏+SUPER GOOD BAND編~〉
2015年11月10日(火)下北沢SHELTER

・カネコアヤノ オフィシャルサイト
http://kanekoayano.com/

・カネコアヤノの音源はOTOTOYで配信中
http://ototoy.jp/_/default/a/95948

カテゴリー : エンタメ タグ :
OTOTOYの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP