ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

容量不足のiPhoneでも写真撮影を可能にするアプリ「IceCream」が便利!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

容量不足で写真が撮れなかった経験がある、というiPhoneユーザーに、今回紹介したいのがクラウド保存型のカメラアプリ「IceCream」。

端末内にある写真や音楽、ファイルなどのデータを慌てて削除しなくても、撮影が可能になるというものだ。

・自動クラウド保存

このアプリの開発者自身が実際、「こんな時に撮れないなんて!」というピンチに陥った。

彼女にプロポーズしたとき、iPhoneで写真を撮ろうとして「容量が不足しています」となったのだという。

IceCreamはこの経験を元に開発され、端末の容量がフルでもIceCreamのカメラで撮ると自動的に写真がIceCreamのアプリとクラウドに保存されるようになっている。

なので、ここぞというシャッターチャンスを逃す事態を回避できる。

・最大5000枚まで

このアプリ、無料で利用でき、しかも保存できるのは最大5000枚と太っ腹だ。加えて、クラウドに保存される写真は高解像度となっている。

写真をチェックしたいときは、IceCreamのサイトにログインすれば閲覧でき、同時に最大20枚まで送信することもできる。

iPhoneの容量にまだ余裕がある人でも、ダウンロードしておけば慌てることがなさそうだ。

IceCream

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP