ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z5のカメラ性能がDxOMarkベンチマークでトップに立つ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Sony Mobile の最新フラッグシップスマートフォン「Xperia Z5」が DxOMark Mobile のカメラベンチマークでトップスコアを叩き出しました。Xperia Z5 ではカメラの進化が大きな特徴とされています。メインカメラのイメージセンサーは 1/2.3 型の 2,300 万画素を採用するほか、レンズも F/2.0 24mm とさらに広角のもの変わりました。このほか、0.03 秒でピントの合う Hybrid AF 機能や、5 倍の全画素超解像ズーム「Clear Image Zoom」などの多彩なカメラ機能を備えています。DxO Mobile のトータルスコアは 87 点で、Galaxy Note 5(84)や Nexus 6P(83)を抑えて堂々のトップ。2 位以下が 1 ポイント刻みでひしめき合う中、Xperia Z5 は頭ひとつ抜け出ているという感じです。ジャンル別では、静止画のスコアはトータル 88 点、動画のスコアはトータル 86 点でした。Xperia Z3+ / Z4 がトータル 82 点で、静止画は 84 点、動画は 79 点なので、カメラの性能や画質は全体的に向上している模様です。Source : DxO Mobile

■関連記事
LG V10のプレス画像が流出
上海問屋、2個の吸盤でスマートフォンを壁や窓などに固定できる新アイテム「ペタQ」を発売
Facebook、モバイルアプリのプロフィールページのリニューアルを発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP