ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

嫌なことがみるみる減っていく、超カンタンノート術!

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

 人間誰でも、「嫌だな」と思うことってありますよね。朝の満員電車、同僚の愚痴、急に降り出した雨、整理できてない仕事机などなど、嫌だなと思うことは生活の中にたくさんあります。
 そんな、「嫌だな」は、感じたその時にノートに書き出すと驚くほど気持ちがすっきりします。
 『書くだけで人生がうまくいく 嫌なことノート』(アスコム/刊)によると、その理由はこんなところにあるといいます。

■日々の嫌なことへの対策ができる!
 日々のちょっとした嫌なことは、ほとんどその場で忘れてしまいます。もちろん「忘れること」も嫌な気持ちの解消法ではあるのですが、どういうことが自分を嫌な気持ちにしたのかを把握しないと、また同じことが起こってしまいます。
 ですが、嫌だと思ったことをノートに書き出せば、それを後から見直すことができるので、対策を立てやすくなります。
 たとえば、
 「朝の満員電車が嫌だ」→「朝早く家を出て時間をずらす」
 「自分の机が汚い」→「週に一度、整理整頓をする時間を作る」
 などなど、自分が嫌だと感じたことに対策を立てることができます。対策を実行すれば、嫌だと思うことは減っていくはずです。

■嫌なことを書き出すとストレスを減らせる!
 ノートに嫌なことを書き出すと、ストレスも減っていきます。
 これは一見愚痴を吐き出しているだけにも見えますが、一度吐き出したものを見ることによって、客観的に自分を把握することができます。冷静に見てみると、そこまでイライラするようなことじゃなかったな、と思うこともたくさんあり、ストレスを減らすことができます。

 嫌なことを書き出すノートはB6サイズがおすすめ。書き始めは嫌なことがなかなか思い浮かばないので、あまり大きなノートだと埋まった時の達成感が湧きません。
 たった十数文字書くだけで嫌なことが消えていく「嫌なことノート」は、特別なものは何一つ必要なく誰でも始められます。 毎日を安定した気持ちで過ごすために、嫌なことを書き出すノートを用意して、携帯してみてはいかがでしょうか。
(新刊JP編集部)


(新刊JP)記事関連リンク
ウツな気持ちを整えるアドラー流60のレッスン
成功者が必ずやっている「苦手な人」克服法とは?
イマイチ仕事ができない人に共通する習慣

カテゴリー : エンタメ タグ :
新刊JPの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://www.sinkan.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP