体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

『Nagi』を持って街に出かけよう! あのサウンドゲームがiPhoneアプリになって登場! 萩尾雅彦×中村隆之インタビュー

Nagi

以前ガジェット通信でも紹介させていただいた、サウンドゲームソフト『Nagi』がiPhone版となり『App Store』から発売されました。『Nagi』は外部からの入力音をサイン波に変換し、波のように少しずつ緩やかな凪(なぎ)にしていくという不思議なアプリ。

『iPhone』に入力された声が波のように、さまざまな音域で、緩やかに繰り返されながら穏やかな音になっていきます。小さな宇宙のように光が現れては消え、タッチするとまた新しい光が現れては消え、連動してシンセサイザーの柔らかい音が流れます。見ていると時間を忘れてしまいそうです。

パソコン(PC)版は震災直後にリリースされ、Windows版とMac版を合わせて5000ダウンロードを記録。今回発売されたiPhone版もリリースから現在までミュージックカテゴリでのランキング上位に入っています。このアプリの魅力はどこから来るのでしょう。iPhone版を開発したEtieMusicDesignの萩尾雅彦さんとオリジナルのPC版を開発したブレインストームの中村隆之さんにお話をうかがいました。

*   *   *   *   *
●萩尾雅彦×中村隆之インタビュー

img_1427_500

※写真左がiPhone版開発者の萩尾雅彦さん、右がオリジナル(PC)版開発者の中村隆之さん

記者:この作品を手がけることになったきっかけを教えてください。

萩尾:ゲームクリエーターの飯田和敏さんから『Twitter』で『Nagi』のオリジナル(PC版)がリリースされたと聞いて、実際にプレイしてみたんです。癒し効果がすごいというのがそのときの感想でした。

人の思いって現実化していくじゃないですか。心の中のゆらぎというかノイズというか、いろんな感情がありすぎると、疲れてしまう。それがこのアプリで遊ぶことによって落ち着ける、そんなところがいいと思ったんです。

オリジナルの『Nagi』のコンセプトが、震災について、がんばろうというのではなくて、もうちょっとしっとりと応援するような感じだったのにも共感できました。僕は『iPhone』のアプリが作れる、じゃあ協力させてくださいということでこの企画が始まったんです。

記者:開発期間はどれくらいだったんですか

萩尾:リリースまで1か月くらいでしたね。

記者:移植に際して気をつけていた点などを教えてください。

萩尾:ほぼオリジナルの再現に徹して、あとは見た目を調整しました。オープンフレームワークを使って宇宙をイメージしています。この画面を見ながら『Nagi』の音を聞いていると気持ちが安らいで眠たくなってきませんか。

萩尾

記者:そうですね。なんだか落ち着きます。この光は音に連動しているのでしょうか。

萩尾:タッチすると光が生まれるのですが、光が飛び出してくる時に連動してシンセの音が鳴るようになっています。そして、位置によって音の高さが決まってきます。

記者:光の癒しが加わった感じですね。『Nagi』はゲームというより癒やしのアプリというイメージがあります。

中村:教会や大理石でできた建物に行くと、音が響いて気持ちいいですよね。音の反響やエコーが気持ちいいというのは、そんなふうに古くから裏打ちされた確かなものがあって、『Nagi』はそれをソフトの中で再現して日常の音も気持ちよくさせているんです。昔はそういう環境を作るには、そういった建物を作るしかなかったんですけど、今はプログラムでできるんです。

1 2 3次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。