体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

MY FAVORITE 5 SONGS !!!(chk chk chk)

!!!_PiperFerguson_0760_1400pixel

ミュージシャンがお気に入りの5曲をセレクトする大好評企画第5弾。早々と東京公演が完売し、なんと海外からインディーダンス・シーンのオシャレ番長カインドネス、日本からは熱狂のダンスミュージック日本代表YOUR SONG IS GOODも参戦する大フィーバー確実の追加公演を発表したチック・チック・チック。今年の朝霧JAMにヘッドライナーとして出演することも発表され、自ら「ほとんど俺たちのライヴ・セットそのもの」と語る快心の最狂アルバム『As If』も期待大の彼らがセレクトする曲とは?

「お気に入りのアルバムに関する質問をされるのは本当に良くある事なんだ…正直その話をするのに飽きてきた。だから今回は、俺が今まで誰にも話した事のない、もしくは話したことを少なくとも俺自身は覚えていない5枚のアルバムを選ぶことにする」

Tones on Tail - Everything!

Tones on Tail /Everything!

彼らが全てが詰まったアルバム。俺はBauhaus and Love & Rocketsの大ファンで、これは俺のお気に入りの彼らのプロジェクトなんだ。Daniel Ashのインタビューを読んだ記憶があって、そのインタビューの中で彼は、皆が足でタップを踏みたくなるような、そしてマリファナを吸いたくなるような作品を作りたいと話していた。それは、俺自身が作ってきた多くのレコードと正に共通することなんだ。だからこの作品にここまで共感出来るんじゃないかな。超サイケデリックで、時にファンキーでもあり、サーフっぽくもあり、ポップでもある。それでありながら、サプライズが散りばめられているんだ。俺が初めてトリップしたのがそういう音楽。この作品が俺にとって未だにスペシャルなのは、それも理由の一つだね。
http://www.beatink.com/Events/ChkChkChk2015/

 

Parliament - Mothership Connection

Parliament /Mothership Connection

Parliamentのアルバムは沢山リリースされていて、その全てが素晴らしいと言う人々もいるけど、個人的には、あまり面白くない作品もいくつかあると思う。でも、この作品は彼らの音楽を聴き始めるのに良いアルバムなんじゃないかな。最初から最後まで本当に素晴らしいんだ。Paulと俺は、去年、雪の中ショーに向かう車の中でこの作品を聴いていたんだけど、Bernie Worrelの演奏にすっかり聴き入っていた。当時は前例のない作品だったし、未だにこの作品と同じものは出て来ていないと思うよ。

Laura Marling- Once I Was An Eagle

Laura Marling/Once I Was An Eagle

1 2次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会