ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ドコモのAndroidスマートフォン夏モデル 発表済みの『Xperia acro』『AQUOS PHONE SH-12C』や注目の『GALAXY S II』を含む全8製品

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


NTTドコモは、2011年夏モデルの新製品発表会を開催しました。iモード携帯電話やスマートフォンなど全24機種が発表され、Androidスマートフォンは8製品がラインアップされました。これには、既にメーカーが先行して発表した『Xperia acro』『AQUOS PHONE SH-12C』が含まれます。

※記事のすべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください


発表会では、人気モデルの後継機種として4製品、続いてスマートフォン初心者でも手にとりやすい、使いやすさを重視した4製品が発表されました。いずれもOSに最新のスマートフォン用OSであるAndroid 2.3を搭載。機種によって、受信が最大14Mbpsの『FOMAハイスピード』への対応、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線、防水といった国内の携帯電話向け機能への対応、スマートフォンをWi-Fiルーターとして利用できるテザリングへの対応がトピックになっています。


今回発表された8機種とBlackBerryスマートフォン1機種、春モデルとして発表されたタブレットを含む3機種で、2011年のスマートフォン春夏モデルは全12機種になります。

・デュアルコアのハイエンド端末『GALAXY S II』

最初に発表されたのは、人気スマートフォン『GALAXY S』の後継機種として、発売前から注目を集める『GALAXY S II SC-02C』。6月下旬の発売予定で、6月10日に予約受け付けを開始します。



SAMSUNG電子が独自に開発した1.2GHzデュアルコアCPUを搭載し、高精細の『SUPER AMOLED』を進化させた4.3インチの『SUPER AMOLED Plus』ディスプレーを搭載するハイエンドスマートフォン。厚さは8.9mmと、前モデルと比べて1mm薄くなっています。バッテリー容量は1650mAhで調整中。日本向けに仕様は調整してあり、海外向けモデルはザラザラなカバーであるところを光沢のあるカバーにしているほか、ワンセグに対応します。『おサイフケータイ』と赤外線には対応しません。


実機を見てまず目を引くのがディスプレーの鮮やかさ。『GALAXY S』を初めて見たときにも驚きましたが、発色のよさは群を抜いています。カメラは中央寄りの配置になり、インカメラも新たに搭載。


ワンセグに対応するので、アンテナも内蔵します。グローバルモデルのハイスペックそのままに、国内向け機能を上乗せしたパワフルな端末といえそうです。

『GALAXY S II SC-02C』主な仕様
サイズ:約W66×D126×H8.9(再厚部約10.3)mm
重量:約120g
連続待ち受け時間:約690時間(3G)/約500時間(GSM)
連続通話時間:約430分(3G)/約480分(GSM)
ディスプレー:約4.3インチ ワイドVGA(480×800) 有機EL 1677万7216色
カメラ:CMOS 有効画素数 約810万画素
インカメラ:CMOS 有効画素数 約200万画素
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
Bluetooth:Ver. 3.0+HS
FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)14Mbps/5.7Mbps
無線LAN:対応
おサイフケータイ:非対応
赤外線通信:非対応
ワンセグ:対応
防水:非対応
テザリング:対応
カラー:Noble Black

・防水で世界最薄を実現した『MEDIAS WP』

続いて発表されたのは、3月に発売されたばかりで早くも後継機種が登場となったNECカシオモバイルコミュニケーションズの『MEDIAS WP N-06C』。6月から7月の発売を予定しています。


特筆すべきは防水機能ということで、タッチ&トライコーナーでは水をかけた展示が。




寸法は前モデルとほとんど変わらず、厚さも0.2mm増えただけの7.9mmと、薄さが印象に残るサイズとなっています。

ボタンがハードウェアキーからタッチ式のキーに変更になったほか、CPUを『Snapdragon』のMSM7230(800MHz)からMSM8255(1GHz)に変更。バッテリー容量は前モデルと同じ1230mAhとなっています。前モデルと同様、『おサイフケータイ』、赤外線、ワンセグに対応。前モデルではAndrooid 2.2だったOSが2.3になっていることに加え、テザリングへの対応もヘビーユーザーにとっては大きな違いとなりそうです。



本体カラーはChampagne Gold、Premium Roseの2色に加え、『amadana』モデルのamadana Brownの3色をラインアップしています。

『MEDIAS WP N-06C』主な仕様
サイズ:約W64×D128×H7.9(再厚部約9.7)mm
重量:約113g
連続待ち受け時間:約340時間(3G)/約220時間(GSM)
連続通話時間:約250分(3G)/約220分(GSM)
ディスプレー:約4.0インチ フルワイドVGA(480×854) TFT液晶 26万2144色
カメラ:CMOS 有効画素数 約510万画素
インカメラ:なし
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
Bluetooth:対応
FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)14Mbps/5.7Mbps
無線LAN:対応
おサイフケータイ:対応
赤外線通信:対応
ワンセグ:対応
防水:対応
テザリング:対応
カラー:Champagne Gold、Premium Rose、amadana Brown

・携帯電話機能に対応した『Xperia acro』

次に発表されたのはソニー・エリクソンが5月6日に先行して発表していた『Xperia』の日本市場向け新製品『Xperia acro SO-02C』。6~7月の発売を予定しています。




基本機能は『Xperia arc』と同等で、加えて『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線といった日本の携帯電話機能を搭載します。テザリングには対応していません。形状は、『Xperia arc』のアーク形状がなくなったフラットなもの。


『Xperia arc』と重ねると、中央に厚みがあることが分かりますが、厚さは11.5mmと、それほど分厚くなった印象はありません。バッテリー容量は『Xperia arc』と同じ1500mAhですが、説明員によると少し電池の持ちは悪くなっているとのこと。『おサイフケータイ』で常時起動するプロセスが発生するためでしょう。


カラーは、ソニー・エリクソンが発表したWHITEとBLACKに、AQUAを加えた3色。明日KDDIから発表されるau版ではAQUAの代わりにRUBYがラインアップされるとのこと。カラフルな本体色に携帯電話機能も搭載するということで、au版も加わり人気機種になりそうです。

『Xperia acro SO-02C』主な仕様
サイズ:約W62×D127×H11.5(再厚部約12.3)mm
重量:約135g
連続待ち受け時間:約350時間(3G)/約240時間(GSM)
連続通話時間:約340分(3G)/約390分(GSM)
ディスプレー:約4.2インチ フルワイドVGA(480×854) TFT液晶 167万7216色
カメラ:CMOS Exmor R for mobile 有効画素数 約810万画素
インカメラ:なし
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
Bluetooth:対応
FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)14Mbps/5.7Mbps
無線LAN:対応
おサイフケータイ:対応
赤外線通信:対応
ワンセグ:対応
防水:非対応
テザリング:非対応
カラー:WHITE、BLACK、AQUA

・3D撮影&裸眼立体視が可能な『AQUOS PHONE SH-12C』

次に発表されたのは、シャープとドコモが5月11日に発表した『AQUOS PHONE SH-12C』。既に5月14日から事前予約を開始しており、5月20日に発売を予定しています。昨年12月に発売された『LYNX 3D』の後継機種となり、今後シャープはドコモ向けスマートフォンブランドを『AQUOS PHONE』に統一していくとのこと。



『LYNX 3D』が裸眼立体視できる3Dディスプレーを搭載し、静止画のみカメラを移動させて立体画像を生成できたのに対して、『SH-13C』は本体だけで3Dの静止画と動画が撮影でき、それを3Dディスプレーで再生できます。『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線、テザリングに対応。




本体は、ツインカメラが存在感を持つゴツい見た目。3Dディスプレーで立体視しながら撮影できる、3Dを武器にしたモンスターマシンといった印象です。CPUは1.4GHzの『Snapdragon』MSM8255。バッテリー容量は1240mAhと少なめですが、ツインカメラが場所をとってしまうためだそう。それでも3D機能に特化して攻めてきたシャープの意気込みを感じます。

『AQUOS PHONE SH-12C』主な仕様
サイズ:約W64×D127×H11.9(再厚部約13.8)mm
重量:約138g
連続待ち受け時間:約430時間(3G)/約300時間(GSM)
連続通話時間:約280分(3G)/約310分(GSM)
ディスプレー:約4.2インチ クォーターHD(540×960) NEWモバイルASV液晶 26万2144色
カメラ:CMOS 有効画素数 約800万画素
インカメラ:CMOS 有効画素数 約32万画素
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
Bluetooth:対応
FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)14Mbps/5.7Mbps
無線LAN:対応
おサイフケータイ:対応
赤外線通信:対応
ワンセグ:対応
防水:非対応
テザリング:対応
カラー:WHITE、BLACK

・ベーシックな防水スマートフォン『F-12C』

ここからは、使いやすさを重視したラインアップ。携帯電話からの乗り換えユーザーをターゲットにしています。最初に発表されたのは富士通初のスマートフォンとなる『F-12C』。7~8月の発売を予定しています。




トラベルケースブランドの英GLOBE-TROTTERとのコラボレーションによるデザインは落ち着いた大人の雰囲気。富士通独自のホームアプリケーションは、タッチパネル操作をナビゲーションする機能を持ち、初めてスマートフォンに触るユーザーにも使いやすいインタフェースを実現しています。

『おサイフケータイ』と赤外線、防水、テザリングに対応。ワンセグには対応していません。CPUやバッテリー容量については開発中のため未決定。タッチ&トライコーナーに展示した実機もまだ調整部分が多く残されていました。発売が近くなったところで改めてレビューしてみたいものです。

『F-12C』主な仕様
サイズ:約W60×D119×H9.9(再厚部約10.6)mm
重量:約110g
連続待ち受け時間:約420時間(3G)/約280時間(GSM)
連続通話時間:約320分(3G)/約290分(GSM)
ディスプレー:約3.7インチ ワイドVGA(480×800)TFT液晶 1677万7216色
カメラ:CMOS 有効画素数 約810万画素
インカメラ:なし
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
Bluetooth:対応
FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)14Mbps/5.7Mbps
無線LAN:対応
おサイフケータイ:対応
赤外線通信:対応
ワンセグ:非対応
防水:対応
テザリング:対応
カラー:Black、Rose Gold

・女性を意識したデコレーションスマートフォン『P-07C』

続いて発表されたのは、パナソニック初のスマートフォン『P-07C』。7~8月の発売を予定しています。




20代から30代の女性をターゲットにしているのが特徴。ホーム画面のユーザーインタフェースは、片手でダイヤルを回すようにアイコンを操作する『タッチスピードセレクター』を採用しています。


ホーム画面やソフトウェアキーボードをデコレーションして楽しめるのも特徴。4.3インチの大画面は女性が片手で操作するには大きいため、ソフトウェアキーボードを縮小、移動して配置することもできます。

ワンセグ、赤外線、テザリングに対応しますが、『おサイフケータイ』には非対応。CPUは『OMAP』の3630、1GHzを搭載し、バッテリー容量は1500mAhとなっています。

『P-07C』主な仕様
サイズ:約W67×D128×H14.0(再厚部約14.0)mm
重量:約140g
連続待ち受け時間:約340時間(3G)/約240時間(GSM)
連続通話時間:約230分(3G)/約300分(GSM)
ディスプレー:約4.3インチ フルワイドVGA(480×854)TFT液晶 26万2144色
カメラ:CMOS 有効画素数 約510万画素
インカメラ:なし
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
Bluetooth:対応
FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)7.2Mbps/5.7Mbps
無線LAN:対応
おサイフケータイ:非対応
赤外線通信:対応
ワンセグ:対応
防水:非対応
テザリング:対応
カラー:Black、White

・世界最高輝度のIPS液晶を搭載する『Optimus bright』

次に発表されたのは、LGエレクトロニクスの『Optimus bright』。6月中旬の発売予定で、6月9日から事前予約を受け付けます。




フラットなディスプレー面に、丸みをおびた背面のプレーンなデザイン。本体色のほかに付属する、2色のきせかえカバーに交換することも可能です。国内の携帯電話向け機能には対応しないグローバルモデルで、テザリングに対応します。


最大の特徴は、最大輝度700cd/平方メートルという高輝度IPS液晶『NOVAディスプレイ』を搭載すること。昼間の屋外など明るい場所でも見やすく、鮮やかな画像や映像を楽しめます。

『Optimus bright』主な仕様
サイズ:約W64×D122×H9.5(再厚部約9.5)mm
重量:約112g
連続待ち受け時間:約340時間(3G)/約290時間(GSM)
連続通話時間:約300分(3G)/約330分(GSM)
ディスプレー:約4.0インチ ワイドVGA(480×800)TFT液晶 26万2144色
カメラ:CMOS 有効画素数 約510万画素
インカメラ:なし
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
Bluetooth:対応
FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)7.2Mbps/5.7Mbps
無線LAN:対応
おサイフケータイ:非対応
赤外線通信:非対応
ワンセグ:非対応
防水:非対応
テザリング:対応
カラー:Black、White

“おくだけ充電”に対応した女性向け『AQUOS PHONE f SH-13C』

Androidスマートフォンとして最後に、シャープの『AQUOS PHONE f SH-13C』を発表。7~8月の発売を予定しています。




ワイヤレスチャージャーに置くだけで充電が可能。防水と防じん機能に対応し、女性をターゲットにしているとのこと。デザインも携帯電話に近く、携帯電話からの乗り換えを検討しているユーザーにアピールしそう。

タッチ&トライコーナーではモックアップのみの展示だったため、操作性については確認できませんでしたが、『SH-12C』と同等になるとのこと。3D機能を省き、家事などの合間での使いやすさにフォーカスしているようです。『おサイフケータイ』、赤外線、テザリングに対応しますが、ワンセグには対応しません。

『AQUOS PHONE f SH-13C』主な仕様
サイズ:約W60×D119×H10.9(再厚部約11.5)mm
重量:約130g
連続待ち受け時間:約430時間(3G)/約300時間(GSM)
連続通話時間:約280分(3G)/約310分(GSM)
ディスプレー:約3.7インチ クォーターHD(540×960)NEWモバイルASV液晶 26万2144色
カメラ:CMOS 有効画素数 約800万画素
インカメラ:なし
外部メモリー:microSD(2GB)、microSDHC(32GB)
Bluetooth:Ver.3.0
FOMAハイスピード(HSDPA/HSUPA)14Mbps/5.7Mbps
無線LAN:対応
おサイフケータイ:対応
赤外線通信:対応
ワンセグ:非対応
防水:対応
テザリング:対応
カラー:Pink、Black、White

1回の発表で8機種もAndroidスマートフォンがそろった今回の夏モデル発表。明日にはKDDIが夏モデルの発表を予定しており、キャリアを問わず購入を検討しているユーザーは目移りすることになりそうです。明日の発表会も取材してきますのでお楽しみに!

shnskの記事一覧をみる ▶

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP