体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ドコモのAndroidスマートフォン夏モデル 発表済みの『Xperia acro』『AQUOS PHONE SH-12C』や注目の『GALAXY S II』を含む全8製品

ドコモのAndroidスマートフォン夏モデル 発表済みの『Xperia acro』『AQUOS PHONE SH-12C』や注目の『GALAXY S II』を含む全8製品

NTTドコモは、2011年夏モデルの新製品発表会を開催しました。iモード携帯電話やスマートフォンなど全24機種が発表され、Androidスマートフォンは8製品がラインアップされました。これには、既にメーカーが先行して発表した『Xperia acro』『AQUOS PHONE SH-12C』が含まれます。

※記事のすべての写真が表示されない場合はこちらをご覧ください

コンパニオンの皆さん

発表会では、人気モデルの後継機種として4製品、続いてスマートフォン初心者でも手にとりやすい、使いやすさを重視した4製品が発表されました。いずれもOSに最新のスマートフォン用OSであるAndroid 2.3を搭載。機種によって、受信が最大14Mbpsの『FOMAハイスピード』への対応、『おサイフケータイ』、ワンセグ、赤外線、防水といった国内の携帯電話向け機能への対応、スマートフォンをWi-Fiルーターとして利用できるテザリングへの対応がトピックになっています。

春夏で12機種

今回発表された8機種とBlackBerryスマートフォン1機種、春モデルとして発表されたタブレットを含む3機種で、2011年のスマートフォン春夏モデルは全12機種になります。

・デュアルコアのハイエンド端末『GALAXY S II』

『GALAXY S II』

最初に発表されたのは、人気スマートフォン『GALAXY S』の後継機種として、発売前から注目を集める『GALAXY S II SC-02C』。6月下旬の発売予定で、6月10日に予約受け付けを開始します。

ディスプレーが特徴 カバーは日本向けに変更

SAMSUNG電子が独自に開発した1.2GHzデュアルコアCPUを搭載し、高精細の『SUPER AMOLED』を進化させた4.3インチの『SUPER AMOLED Plus』ディスプレーを搭載するハイエンドスマートフォン。厚さは8.9mmと、前モデルと比べて1mm薄くなっています。バッテリー容量は1650mAhで調整中。日本向けに仕様は調整してあり、海外向けモデルはザラザラなカバーであるところを光沢のあるカバーにしているほか、ワンセグに対応します。『おサイフケータイ』と赤外線には対応しません。

1 2 3 4 5 6 7 8次のページ
shnskの記事一覧をみる

記者:

宮原俊介(編集長) 酒と音楽とプロレスを愛する、未来検索ブラジルのコンテンツプロデューサー。ゲームコミュニティ『モゲラ』も担当してます

ウェブサイト: http://mogera.jp/

TwitterID: shnskm

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。