体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

tofubeats『POSITIVE』ロングインタヴュー(後編)

tofubeats2015_positive

tofubeatsはメジャー移籍後のセカンド・アルバム『POSITIVE』でクラブ・ミュージック/ヒップホップが出自のプロデューサー/ヴォーカリストにしかできない方法論と底知れぬ執念で2015年の“J-POP”を作り上げようとしている。それは前作『First Album』の延長にあるものの、“もうひとつ向こう側”に行くための努力にまったく余念がない。小室哲哉、KREVA、岸田繁(くるり)、中納良恵(EGO-WRAPPIN’)をはじめとする大物ミュージシャンとの共作も自然体でこなし、気負いなど微塵も感じさせない。実はそれだけですごいことだ。この理知的かつ情熱的な現在24歳の男はどこからやって来て、いまどこにいるのだろうか。『POSITIVE』とそこに至るひとつの軌跡、そして作品の背景にある価値観について語ってくれた。

 

(前編からの続き)

――『POSITIVE』の中で作るのに苦労した曲はありますか?

tofubeats「だいたいの曲は苦労はしてますね。僕はあんまりツルツルっと曲を作れるタイプじゃないんです。ちょっとした引っかかりができてもそこから仕上がるまでに時間がかかるんです」

――でも多作家ですよね。 

tofubeats「そうですね。やっぱり多作にならざるを得ないところはありますね(笑)。というのも、いっぱい曲を作らないと上手くならないから頑張っていっぱい作ろうとはしています。苦労したと言えば、“POSITIVE”はけっこう歌詞を書き換えたりしましたし、“STAKEHOLDER”も叩きができてからもうひとつガッと良くなるまでに時間がかかりました。80点ぐらいから90点に行くのに苦労しました」

 

tofubeats / STAKEHOLDER

tofubeats / すてきなメゾン feat. 玉城ティナ

――80点ぐらいから90点に行く最後のもうひと押しの難しさはどこにありましたか?

tofubeats「特に今回の『POSITIVE』はキャッチーかどうかというところですね。玉城ティナさんとの“すてきなメゾン”にしても、サビの最後の『すてきなメゾン』っていう歌詞がなかなか出てこなかった。『すてきなメゾン』っていうキメの歌詞があるかないかでこの曲の魅力はぜんぜん変わってきてしまうんです。そういうキメがバチンとあるのがJ-POPだと思いますね」

――つまり、ポップスのキャッチ―さを創造すること、J-POPとしての完成度を高めることに苦労したと。 

tofubeats「そうですね。ポップスはストップ&スタートができないといけない音楽だと思いますから」

――J-POPはずっと聴き続けてきたんですか? 

tofubeats「中学校に入って日本語ラップを聴き出すと、“J-POPダセェ期”が到来するんですね」

――“J-POPダセェ期”はやっぱりあったんですね。

tofubeats「ぜんぜんありました。でも中3ぐらいから、もう折れて、高1から渋谷系に行くんです。『そう言えばオレはオタクやった』と思ってそこで足元を見るわけです。ヒップホップを聴いてる場合じゃなかったと」

――ヒップホップは良くも悪くもヤンキー・カルチャーや不良と切っても切り離せない側面があるじゃないですか。tofuくんはそういう側面をどのように見てきました?

tofubeats「僕、中3年ぐらいから地元のヒップホップ・クルーと少し交流があったんです。アカペラもらってリミックスをしたりもしてました。ただ、神戸は京都や大阪と比べると、やっぱり田舎ですから良からぬヴァイブスもあるわけです。当時日本語ラップ・バブルが少しきていたのもあったし、たいして売れてもねぇクセに一丁前にやろうとするんです。先輩に服屋に呼び出されて、『お前のトラックは音が若い!』とか怒られたことがありましたね」

――だって、実際若いですよね(笑)。

tofubeats「そうなんですよ。『オレは若いがな』って思ったし、自分のトラックがダサいとも思わなかった。それでもいろいろ文句を言われるし、『うちの店にトラック持って来い』とか命令されるし、ウンザリしちゃったんですよ。高校生なんてお金ないじゃないですか。そういう環境で100均でバイトして日銭を稼いで機材とか買って、自分のできることを一生懸命やろうとしている中で、この人たちと一緒にいても広がりがないと思いましたね。この人らは音楽をやりたいんじゃなくて、つるみたいだけなんやなって、そのときの僕は思ったんです。もちろんそうじゃなかった人もいたと思います。でも、ヒップホップをやることに対して得がないと思うようになってしまったんです。BUDDHA BRANDみたいなもっと開けたことをやれるのかと思っていたらぜんぜん違った」

――BUDDHA BRANDはトラックもラップもオシャレですしね。

tofubeats「そうそうそうそう」

――それこそD.Lさん(DEV LARGE)は“人間発電所”(1996年)に関して、「フリー・ソウルを狙う」という心づもりで作ったと当時のカッティング・エッジのA&Rの本根誠さんという方がDOMMUNEで語っていました。つまり、渋谷系を意識してたんですよね。 

tofubeats「サンプリングして曲を作るという点ではヒップホップも渋谷系もやってることは同じですからね。しかも京都にはSecond Royal Recordsがあったし、JET SETもまだ神戸にあったというのも大きかった」

――同じことをやっているけど、ヒップホップの人たちよりも音楽的に自由な人たちがいるじゃないかと。

tofubeats「そうですね。アブストラクトなサウンドが流行っていたのもあって、そういうどんどん暗くなっていく方向性に対して、明るい音楽がいいなって思うようになっていったんです。高3で柳田久美子さんのリミックス曲“君のせいなんだ(TOFUBEATS SEVENTEEN REMIX)”を作っているんですけど、あの曲は『フリー・ソウル』をTSUTAYAで30枚ぐらい借りてきて、キーの合う曲を100曲ぐらい選んでサンプリングしたんですよ。いま考えたらあり得へん悪過ぎるやり方ですけど(笑)」

1 2 3次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。