ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Google、Android 6.0をサポートしたGoogle Play開発者サービス 8.1のリリースを発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Google は 9 月 25 日、まもなく正式リリースを迎える「Android 6.0 Marshmallow」に対応した Google Play 開発者サービス v8.1 のリリースを発表しました。Android 6.0 への対応については、このバージョンで採用された新しい権限管理モデルやアプリの自動バックアップに対応し、Android 6.0 で追加された API をサポートしています。つまり、このバージョンは API レベル 23 をフルサポートしているので、Android 6.0 に対応したした Android アプリも基本的には完全に動作するということです。Google は Android 6.0 への対応が可能になったことを受けて、アプリの提供者に対して自身のアプリを API レベル 23 に対応しているかどうかや、旧バージョンとの互換性を確認してほしいと呼びかけています。Source : Android Developers Blog

■関連記事
既存のNexusに対するAndroid 6.0の配信日は10月5日?
Jolla、Sailfish OSタブレット「Jolla Tablet」をクラウドファンディングでの支援者に発送開始
Samsung、$99のVRヘッドセット「Gear VR」を発表

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP