ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ニャンコの楽園?島民十数人と猫100匹以上が静かに暮らす「青島」とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

瀬戸内海に浮かぶ愛媛県大洲市の小さな島「青島」には、平均年齢70歳代の島民わずか十数人とともに、100匹以上の猫がひっそりと暮らしている。

島を歩けば至る所に猫、猫、猫。

猫たちはかなり人慣れしているようで、近付いても警戒することなく、自由気ままに島の生活を満喫している。

美しい海に浮かぶ“猫の楽園”は、あまりに増えすぎた猫と今後どう付き合っていくかということや、猫たちに会いたいと島を訪れる観光客の対応など、今さまざまな問題を抱えている
もともと観光地として整備されている島ではないので、宿泊施設や飲食店、売店、自販機などもなく、トイレも男女兼用のものが定期船待合室内にあるだけ。

どうしても島の猫に会いたいという人は、定期船の時間(当日欠航の可能性あり。予約不可)をしっかり調べ、充分な準備を整えて現地に向かってほしい。

また、餌やりのマナーや、この島に住む人たちへの配慮も忘れずに。

・青島の猫を含む“島ねこ”の

グーグルマップのストリートビューで島を“散歩”してみると、画像だけでもたくさんの猫に出会うことができる。

かなり細い道まで踏み込み、深い森の中や、海が一望できる小高い丘など、豊かな自然の魅力も感じられるので、仕事のブレイクタイムなどに楽しんでみるのもいいかも?

「青島・島民15人猫100匹以上の島」Facebookページ
https://www.facebook.com/ehime.aoshima

グーグルマップ・ストリートビュー
https://goo.gl/LSPJTM

写真参照元:「島ねこ歩記」Facebookページ
https://www.facebook.com/ShimanekoAruki

猫(まとめ)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ISUTAの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP