体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazon『プライム・ビデオ』が本日よりスタート 『Fire TV』シリーズの日本向け販売も発表!

IMG_1863

Amazonは“Amazonプライム会員”向けの新たなサービスとして、9月24日から『プライム・ビデオ』の提供を開始しました。都内で開催された記者発表会では、新サービスの概要について説明されたほか、Amazonのベストセラー製品である『Fire TV』シリーズが日本でも発売されることが明らかとなりました。

月額325円相当の定額制動画配信サービスを開始

IMG_1850

『プライム・ビデオ』は、年会費3900円(月額325円相当)を支払っているAmazonプライム会員向けの新サービスです。

IMG_1803

プライム会員になると、Amazonの“お急ぎ便”や“日時指定便”が使い放題になるほか、先日は定価8980円の新タブレット『Fire』が会員向けに4980円の割引価格で販売されるなど、様々な特典が提供されています。

IMG_1845

『プライム・ビデオ』はプライム会員であれば追加料金を支払うことなく利用でき、テレビ、パソコン、モバイル端末、ゲームコンソール等のデバイスを通じて、国内外の映画・テレビ番組から厳選された何千もの人気コンテンツを見放題で楽しむことができます。

オリジナルコンテンツや日本初公開作品が豪華

IMG_1891

配信しているコンテンツ数に関してはこれからの拡充に期待したいところですが、他社の類似サービスとの差別化として、自社のスタジオで制作したオリジナル作品が充実している点が挙げられます。

IMG_1837 IMG_1838

『エミー賞』の連続コメディシリーズ部門で主演男優賞と監督賞を受賞した『トランスペアレント』、名門交響楽団の舞台裏を描いた『モーツァルト・イン・ザ・ジャングル』などは、『プライム・ビデオ』でしか楽しむことができないオリジナルコンテンツです。

最近ではスパイク・リー監督やウディ・アレン監督と契約を結ぶなど、Amazonのオリジナルコンテンツに対する本気度は並々ならぬものを感じます。

1 2次のページ
よしだたつきの記事一覧をみる
よしだたつき

記者:

PR会社出身のゆとり第一世代。 目標は「象を一撃で倒す文章の書き方」を習得することです。

TwitterID: stamina_taro

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会