体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

【舌対音感】第4回:田中知之(FPM)【俺が愛したローカルフードたち】

f:id:Meshi2_IB:20150825110242j:plain

「旅をしない音楽家は不幸だ」という言葉を残したのはモーツァルトだが、では、旅する音楽家の中でもっとも幸せなのは? それはやはり、その土地土地ならではの旨いものを味わい尽くしている音楽家ではないだろうか。そこで! ライブやツアーで各地を巡るミュージシャンたちに、オススメのローカルフードや、自分の足で見つけた美味しい店を伺っていく連載企画。

第4回は、今年で活動20周年を迎えるFPMの田中知之さん。全国各地でDJプレイを披露し続けてきた田中さん、なんと5年前には47都道府県を制覇するという偉業を成し遂げています。全国各地の美味いものを知り尽くしている田中さん、最近ハマっている飲み歩きの楽しみがあるそう。飲ん兵衛必読のインタビューをどうぞ!

 

話す人: 田中知之(FPM)

f:id:Meshi2_IB:20150828131745j:plain

DJ、音楽プロデューサー。京都市出身。1997年『The Fantastic Plastic Machine』でデビュー以来、FPM名義でオリジナル音源をリリースするかたわら、国内外でDJとして活動。また、数々のアーティストのプロデュースやリミックスを手がける。ファッションや時計、車などへの造詣も深く、特にヴィンテージ・ウェアのコレクターとしては知る人ぞ知る存在。最近では自身のブランド、ListやConnecteeのディレクターとしての顔も。

 

一流割烹レベルの料理が、1/10の値段で!?

f:id:Meshi2_IB:20150825140959j:plain

──田中さんは全国々浦々にDJとして訪れていらっしゃいますが、その土地土地で美味しい店の情報を本当によくご存知ですよね。

「僕はその昔、雑誌の編集者をやってたんです。だから美味いメシ屋を取材したりロケハンするのが仕事だったんですね。そこで鍛え上げられた期間があったので、未だに美味しい店の情報を逐一入れていくっていうのが、自分のルーティンな行動になってるんでしょうね。ただ、生来へそまがりなもので、ここが美味いですよって教えてもらって、それが一般的に広くシェアされてたりすると、そこは別に僕が行かなくてもいいやって思ってしまう。友人たちにもグルメな人が多いけど、彼らが行ったことがない、僕だけが知っているっていう店をDigしたいって気持ちが強いのかも」

 

──なるほど。そんな田中さんが、最近ハマっている店はどこになりますか?

「最近、あらためて大阪の食文化の底力を感じています。やっぱり大阪は食いだおれの街だし、自分が編集者時代に基盤としてた土地だから、街の変化のグラデーションもなんとなく見えてたり、人気の場所の変遷も押さえてはいたんだけど、そういう流れに関係なく、地元で揺るぎなくやってる店がすごいもの出してたりするんですよね。だから今回も、本当は言いたくないネタばっかりなんだけど……大阪の野田阪神駅に〈お多福〉という店があるんです」

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。