ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

いま、IS01を想う。

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

ちょっと時代を先取りしすぎた端末。それがIS01。
5.0インチのタッチパネル、QWERTYキーボード、約527万画素のカメラ。
今となってはまあ普通のように思えるが、この端末は2010年に発売されたものだ。
初めてAndroidを搭載した携帯電話として、auから満を持して発表されたのだが、反応は薄かったように思う。
“ケータイ”と言えば3インチ前後の折りたたみ端末が主流で、
一応折りたたみではあるが5インチという大きさ、AndroidとかいうよくわからないOS。
いわゆるオタクな人々以外に飛びつく人はいなかった印象がある。
またこのIS01が不遇なのは、発売から半年も経たないうちに
「Android OS 2.1へのメジャーアップデートを断念した」という点である。
Android1.6なんて存在しなかったかのように、この端末は忘れ去られた。

ところが5年経ってみてどうだろう。
街を見渡せば皆スマートフォンを手にし、今や5インチの端末など当たり前である。
それどころか8インチ、10インチタブレットを手にしている人も多い。
“ケータイ”という言葉は“スマホ”という言葉に変わり、中学生でもiPhoneを持つ時代になった。

筆者はiPhone6とGalaxy note3をメインで使用しているが、いまだにIS01も使う。

アプリケーションはほとんど使えなくなってしまったが、それでもまだtwiccaやブラウザは動く。
ちょっとしたメモをするのにやはり物理キーボードがついている手頃な大きさというのは素晴らしい。
またワンセグ端末としてはこれ以上の良い端末はないと思う。
スマホでワンセグを見る時のようにスタンドがいらない。感度がいい。
東日本大震災の輪番停電のとき、家族で身を寄せ合いこのIS01でテレビを見ていた思い出もある。
メインの“ケータイ”とは別に、この端末を持っていて良かったと思うことがあまりに多かった。

OSもそうだが待受時間、メモリ、端末の重さ、メインディスプレイなどを
現在主流のスペックにして今また出してほしいと思える機種。
ただしこれを耳に当てて通話する勇気はまだない。

画像:筆者撮影

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: quovadis) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP