体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

沖縄ネイティブの間で密かに愛されてきた幻の銘菓「ドラゴンボール」を食べてきた!

f:id:Meshi2_IB:20150825100427j:plain

夏の思い出は、たいがい甘くて切ない。

まだ二次方程式も解けないガキだった頃、カブトムシ採りに熱中した早朝の鬱蒼とした林の中で嗅いだ、熟れた樹液の匂い。そして10代後半、憧れのあの娘と初めて行った海の碧さ。少しだけタイトな水着から覗く柔らかそうな胸元。花火大会の会場で隣に座った浴衣姿の彼女からほのかに漂うシャンプーと汗の匂いの混じったミラクルスメル。

そんなキラキラした青年も、いつしか凡百のオジサンへと成長(劣化?)し、ただただ暑いだけで昨日と同じような毎日をやり過ごす日々……が定番のサマーアクティビティなのですが、

今年は違った。

行ってきました沖縄

目的の1つは、隠れた銘菓として徐々に知名度が上がりつつある噂の「ドラゴンボール」を食すことだ。

 

f:id:Meshi2_IB:20150825100415j:plain

5年ぶりの沖縄。海は変わらず碧くて美しかった。

 

ドラゴンボール誕生の地、恩納村へ

ドラゴンボールというと、マンガやアニメとして世界的な人気を誇る鳥山明の『ドラゴンボール』が反射的に思い出される。が、今回の目的は、恩納村の老舗製菓店、琉球銘菓 三矢本舗が製造販売しているお菓子、「三矢琉球」(ドラゴンボール)である。

 

f:id:Meshi2_IB:20150825100414j:plain

1日100個限定。知る人ぞ知る、隠れた沖縄銘菓なのだ。

恩納村は沖縄本島中部の村で、本島でも指折りのビーチリゾートを擁している。LCCを使って成田から那覇へ。そして、国際通りも歩かず、ソーキそばに目もくれずレンタカーを借り、一路、恩納村へ。那覇から沖縄自動車道を利用しておよそ1時間。本島の西側、沖縄本島の背骨と言われる国道58号線沿いが恩納村のメインストリート。

 

f:id:Meshi2_IB:20150825100418j:plain

ローカル感溢れる国道58号線。地場の銀行やJA、売店などが並ぶ道沿いを、観光客がのんびりと歩いている。先のT字路を左に折れると沖縄有数の景観地、万座毛だ。

1 2 3 4次のページ
メシ通の記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。