ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

MISIA『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』EDテーマ Candle Nightで初披露

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 MISIA史上4回目となる【Misia Candle Night Live】が、河口湖ステラシアターにて開催された。

MISIA Candle Nightライブ写真一覧

 愛と平和への祈りをこめた数千個のキャンドルがステージ一面に敷き詰められ、幻想的な雰囲気とともにMISIAの優しい歌声が響き渡る【Misia Candle Night Live】シリーズは、2011年にスタート。今年は、河口湖ステラシアターの他に【第28回世界遺産劇場-高野山-高野山開創1200年記念 Misia Candle Night Live】と題して10月10日と11日 高野山壇上特設ステージでも開催、その規模は年々拡がっている。

 この日、オープニングで会場を一体とさせたのは、7月にリリースされた配信シングル「あなたにスマイル:)」。キャンドルを手に客席が笑顔で埋め尽くされた光景は、“平和と幸せを願う”というライブのコンセプトそのものだった。その他、アコースティックバージョンで披露された「白い季節」や、現在開催中の全国ツアー【MISIA 星空のライヴVIII MOON JOURNEY】で初披露され、ファンの間では発売を今か今かと待ち望まれていた幻の新曲「花」など、続々と披露した。

 また、ファンを驚かせたのは、11月25日に発売が決定した新曲「オルフェンズの涙」の初披露。この曲は、10月4日より放送がスタートするTVアニメ『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』のエンディングテーマに決定しており、壮大で重厚なストリングスとブルージーなメロディーが絡み合った楽曲に、MISIAの詩世界と『機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』の物語がシンクロした、MISIA新境地のバラードだ。

 作編曲を担当した鷺巣詩郎は、数々のアーティストのプロデュース/作曲を手掛け、アニメ『新世紀エヴァンゲリオン』のサウンドトラックや、映画『機動戦士ガンダム めぐりあい宇宙』のテーマソングの編曲、そして最近では映画『進撃の巨人』のサウンドトラックを手掛けるなど、日本を代表する作曲家であり、音楽家。タイトルも未だ明かされていなかった楽曲のパフォーマンスと、MISIAの圧倒的なパワフルな歌声に、観客は息をのむほどに圧巻され、総立ちで拍手を送った。

 その他には、「DEEPNESS」「心ひとつ」や、現在公開中の映画『S-最後の警官-RECOVERY OF OUR FUTURE』の主題歌「流れ星」など、代表曲から新曲までを惜しみなく披露。観客は夜空に浮かぶ月に向かってキャンドルを掲げ、MISIAの歌声に祈るように聴き入る。そして、吹き消す時に願いが叶うと言われているキャンドルの灯をMISIAと共に、会場全体で一斉に吹き消すパフォーマンスで幕を閉じた。

撮影:田中雅也

関連記事リンク(外部サイト)

MISIA圧倒的なパフォーマンス、星野源がハッピーに大トリを飾る
石川さゆりとMISIAがラジオ番組で「上を向いて歩こう」をデュエット
MISIAレギュラーラジオ番組がリニューアル『MISIA星空のラジオ』と題し生放送番組へ

Billboard JAPANの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。