ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

優雅に楽しむためのアフタヌーンティーのお作法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

3段のケーキスタンドに並べられた、ケーキやスコーン、サンドイッチなどを紅茶と一緒に楽しむアフタヌーンティー。もともとはイギリスの貴族社会の社交として広まったお茶会のスタイルですが、現代においてもこれ以上に優雅な「午後のおやつ」はそうそうないでしょう。

日本の高級ホテルでも、それぞれに特色を打ち出したアフタヌーンティーのメニューが用意されています。もともとがお茶会だけあって厳しい作法はないと言われていますが、それでも最低限のマナーは覚えておきたいもの。高級ホテルで恥をかかないための、アフタヌーンティーのお作法を紹介します。

まず一口目は紅茶から

ケーキにスコーンにサンドイッチ、さあどれからつまもうかと張り切ってしまいますが、最初の一口目は紅茶が基本です。できれば一口目はストレートで飲んで、色や香りを楽しみましょう。お好みでミルクや砂糖を入れるならその後がベター。

カップは両手で持たない

紅茶にお好みで砂糖やミルクを入れたら、スプーンで静かにカップの中を混ぜます。その後、スプーンはカップの向こう側に置いて。これは砂糖を入れなかった場合も同様。ソーサーは置いたまま、右手でカップを持って紅茶をいただきます。このとき、両手で持つのはNG。ソーサーごと持ち上げる必要もありません。

ケーキスタンドは下の段から食べる

3段のケーキスタンドは通常、下段がサンドイッチ、中段がスコーン、上段がスイーツとなっています。食べる順番は下から上が基本。サンドイッチは普通に手で持って食べ、次のスコーンは縦割りではなく、横に割ってクリームやジャムを塗ってから食べます。最後はスイーツを一口大に切りながら。いずれも紅茶と一緒に楽しみましょう。

ただし、気心の知れた友人とのカジュアルなお茶会なら、どこから自由に食べてもOK。もちろん紅茶が足りなくなったらおかわりしても構いません。ポットの中身がなくなったら、気軽に差し湯を頼みましょう。
スマートにいただくための最低限のマナーさえ押さえておけば、おしゃべりも楽しくはずむはず。おいしい紅茶とスイーツを味わいながら、優雅な午後のひとときを過ごしてくださいね。
参考文献 『少しのコツで印象が変わる美しい食べ方』(枻出版)

おすすめのレシピ

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

ryorisapuri.jp

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
ゼクシィキッチンコラムの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP