ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperia Z5のシステムUIや粒子効果アニメーションのロック画面などが純正ROMやAOSPベースのROMに移植される

DATE:
  • ガジェット通信を≫

流出した Xperia Z5 のシステムダンプをカスタム ROM に移植するプロジェクトが XDA Developers でローンチしました。今回の移植プロジェクトはロック画面やホームアプリ、ボリュームスライダーなどのシステム UI を別の ROM でも利用できるようにしたものです。Sony Mobile の公式 Android 5.1.1 の ROM のほか、CyanogenMod といった AOSP ベースの ROM にも適用できるとされています。主な移植項目は次の通りです。クイック設定ツールへのドラッグアンドドロップによる追加・削除機能新アニメーション展開可能なボリュームスタライダーパネル粒子効果のアニメーションを持つロック画面(3 種類のデジタル時計付き)ライブ壁紙ホームアプリ各種メディアサウンドSource : XDA Developers

■関連記事
Redmi Note 2向けのAOSPベースのカスタムROMが公開
Intel Atom X5-Z8300を搭載したAndroid 5.1 / Windows 10のデュアルブートタブレット「Chuwi Hi10」が発売
GYAO、Android向け新卒募集アプリ「GYAO 新卒」をリリース

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP