ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ナポリタンで有名な洋食屋さんで食べるカツカレー @『タマガワ』横浜 福富町

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

今回は横浜洋食でも有名な『タマガワ』のカツカレーを紹介してみようと思います。

カレーの良さは幅広いカレーが楽しめる事で、本場のインドカレーやエスニックカレー、ヨーロッパの欧風カレー、日本で食べられるカレーの種類は、それこそ世界一かと思われます。

そんな日本で食べる庶民派のカレーと言えば、やはり”洋食屋さん”で食べるカレーではないでしょうか?

勿論、定食屋さんや中華料理屋さんにもカレーはありますが、業務用のカレールーに頼っている店も少なくありません。

その点、洋食屋さんの場合はプライドもあるので、ストレートに業務用のカレールーを使ったカレーを出してくる店は滅多にありません。

つまり、わざわざ外食でカレーを食べるなら、それぞれの店の個性が出る”洋食屋さんのカレー”がオススメと言う訳です。

横浜洋食の代表格『タマガワ』

『タマガワ』は横浜の洋食屋さんでも老舗と言える歴史があります。厳密には100年以上続かないと”老舗”とは言えないらしいのですが、それは呉服屋さんや和菓子屋さんの話です。

洋食屋さんの歴史からすると『タマガワ』は老舗と表現しても問題ないでしょう。

そんな『タマガワ』で有名なメニューと言えば、やはりナポリタンとハンバーグですが、実はカレーライスもちゃんとメニューにあります。

『タマガワ』のカツカレーを食す!

と、言う訳で『タマガワ』のカツカレーのレビューです。

ちなみに『イタリーノ』でドライカレーを食べた直後なので、ちょっと苦しい気がしないでも無いのですが、そこはプロとして頑張るべきでしょうか?

見た目、あまりボリュームを感じませんが、そこはパワーメニューの代表格”カツカレー”で御座います。

意外とライスの量もあるので、これ一品で十分に食欲を満たす事が出来ると思います。

洋食屋さんのカツはひと味違う!

さして大きくも無く小さくも無い、カツの厚さも普通で全体的なインパクトは控えめです。

しかし!

”揚げ物マニア”の目線でチェックすると、まず衣の軽さに驚かされます。

これはバッター(小麦粉を溶いたモノ)じゃなくて、昔ながらの卵を使った衣かもですね。もしもバッターだとしたら、かなり薄い液だと思われます。

さらに”パン粉”も細かいパン粉を使っているので、衣自体の油の吸着が抑えられ、しかもカリっと揚がっているので、全体的に香ばしく軽い衣に仕上がっています。

ここら辺の”技”が洋食屋さんの小気味良い所ですね。

野菜が溶け込む『タマガワ』のカレー

カレーの方は意外と大人しい感じでしょうか?

突出した辛さも無く、適度なスパイス加減で辛いモノが苦手な人でも、美味しく食べられそうです。

良く見てみると微塵切りにされた”人参”が見えますね。

この『タマガワ』のカレーは、具材としての玉葱の他に、カレーに溶け込ませる為に、人参や玉葱の微塵切りが入っていると思われます。

それら野菜の甘さがカレーの”辛さ”をマイルドにしているのでしょう。

決してスパイスや風味が足りない訳ではなく、野菜の甘さが尖った部分を優しく包んでいる感じです。

『タマガワ』カツカレー 総評

最近はスパイスをガンガンに効かせた、スパイシーなカレーばかり食べていたので、この『タマガワ』のカレーには癒されました。

味の傾向としては、本格的な洋食屋さんのカレーと言うよりは、洋食屋さんの技術で調理された

「洗練された家庭の味」

みたいな方向性かと思われます。特に極端に辛いのが苦手な子供や、人参が食べられない人には”最高のカレー”だと思います。

ここら辺は、もしかしたら『タマガワ』の2代目のアレンジかもですね。

意外と洋食屋さんに生まれたのに、小さい頃は人参が好きじゃなかったみたいなエピソードもあるかもです。

と、言う訳で『タマガワ』のカツカレーでした。

正直、ココが凄い!と言うインパクトはありませんが、全体的には洋食屋さんの技術が詰まった、美味しいカレーだと思います。

この『タマガワ』のカレーなら、きっと子供も美味しく食べられると思うので、家族で訪れてみるのも良いですね。

それでは、是非みなさんも『タマガワ』の、美味しいカツカレーを食べてみて下さい。

『タマガワ』

神奈川県横浜市中区福富町仲通1-1

営業時間 月~土 11:30~15:00 17:00~21:00
     祝日  11:30~21:00
定休日:日曜日

―― 見たことのないものを見に行こう 『ガジェット通信』
(執筆者: YELLOW) ※あなたもガジェット通信で文章を執筆してみませんか

ガジェ通ウェブライターの記事一覧をみる ▶

記者:

ウェブサイト: http://rensai.jp/

TwitterID: anewsjp

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP