体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

ナポリタンで有名な洋食屋さんで食べるカツカレー @『タマガワ』横浜 福富町

tama-c2_R

今回は横浜洋食でも有名な『タマガワ』のカツカレーを紹介してみようと思います。

カレーの良さは幅広いカレーが楽しめる事で、本場のインドカレーやエスニックカレー、ヨーロッパの欧風カレー、日本で食べられるカレーの種類は、それこそ世界一かと思われます。

そんな日本で食べる庶民派のカレーと言えば、やはり”洋食屋さん”で食べるカレーではないでしょうか?

勿論、定食屋さんや中華料理屋さんにもカレーはありますが、業務用のカレールーに頼っている店も少なくありません。

tama-c11_R

その点、洋食屋さんの場合はプライドもあるので、ストレートに業務用のカレールーを使ったカレーを出してくる店は滅多にありません。

つまり、わざわざ外食でカレーを食べるなら、それぞれの店の個性が出る”洋食屋さんのカレー”がオススメと言う訳です。

横浜洋食の代表格『タマガワ』

tama-c10_R

『タマガワ』は横浜の洋食屋さんでも老舗と言える歴史があります。厳密には100年以上続かないと”老舗”とは言えないらしいのですが、それは呉服屋さんや和菓子屋さんの話です。

洋食屋さんの歴史からすると『タマガワ』は老舗と表現しても問題ないでしょう。

tama-na1_R

そんな『タマガワ』で有名なメニューと言えば、やはりナポリタンとハンバーグですが、実はカレーライスもちゃんとメニューにあります。

tama-3_R

『タマガワ』のカツカレーを食す!

tama-c1_R

と、言う訳で『タマガワ』のカツカレーのレビューです。

ちなみに『イタリーノ』でドライカレーを食べた直後なので、ちょっと苦しい気がしないでも無いのですが、そこはプロとして頑張るべきでしょうか?

見た目、あまりボリュームを感じませんが、そこはパワーメニューの代表格”カツカレー”で御座います。

tama-c3_R

意外とライスの量もあるので、これ一品で十分に食欲を満たす事が出来ると思います。

洋食屋さんのカツはひと味違う!

tama-c4_R

さして大きくも無く小さくも無い、カツの厚さも普通で全体的なインパクトは控えめです。

しかし!

1 2次のページ
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会